EOS X7で 撮りたかった猫をきれいにとらえて

猫の毛並みや表情までリアルに

かねてより、好きな猫の写真をきれいに撮りたいと思っていました。
おっとりと優雅な動きのときもあるのですが、マイペースで撮りたい瞬間をとらえるのは意外に難しいもの。俊敏な動きで行ってしまうと、撮影チャンスを失います。

ポカポカ陽気の本日、通りすがりの公園で、日向ぼっこを楽しむ猫ちゃんたちに遭遇。
野良猫で、近付くと警戒して逃げてしまいますが、地域で餌をやって見てくれている人たちがいて、無事育っている様子。
「EOS X7」が3匹をしっかりとらえてくれました!

↑ つい先日まで可愛らしい子猫でしたが、すっかり大きくなりました。以前は呼んでも来てくれることはなかったのですが、しっかりと目線をカメラに向けてくれました。背景がきれいにボケている一方、猫ちゃんの毛並みや表情はとてもリアル。

↑ 「ニャーちゃん」と呼びかけると、しばらくたたずんでポーズを取ってくれたおしゃれな猫ちゃん。モフモフがきれいですね〜。

↑ 少し離れたところにいた猫ちゃん。数メートルの距離から姿をとらえることができました。

撮りたい瞬間を逃さず、猫たちを写実的にかつ美しい作品にしてくれるCanon EOS X7の実力を体感できました!

 サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、以下画像下の(c)Hanaのリンクより閲覧・入手していただけます。

 

33863178

 

(c)Hana画像素材 PIXTA –

 

 

33863177

 

(c)Hana画像素材 PIXTA –

Share

Canon EOS X7で噴水を撮影

シャッター速度を変えて噴水を撮ってみた

Canon EOS X7を選んだ理由の一つは、シャッター速度が1/4000~30秒と広範であること。早いシャッター速度では動く被写体の一瞬の動きをとらえることができ、逆に遅い速度では被写体の動きを流れるように描写できます。

昭和記念公園の噴水で試してみました。

最初に遅いシャッター速度で露出時間を長くしてみます。

露出時間1/10 水が流れるように撮れています

露出時間1/10 水が流れるように撮れています

次に、シャッター速度を早めて露出時間を短くしていきます。

露出時間1/320で撮影。水しぶきの一瞬をとらえられています

露出時間1/320で撮影。水しぶきの一瞬をとらえられています

さらにシャッター速度を上げてみます。

露出時間1/4000で撮影

露出時間1/4000で撮影

本来、三脚で撮影すべきところでしたが、シャッター速度調整による確かな効果を実感できました!

今度は三脚を入手して、また違ったシーンを試してみたいと思います。

Share

早春の昭和記念公園をEOS X7で撮ってみた

55-250mmの望遠が威力を発揮

入手したばかりのCanon EOS kiss X7をリュックに入れ、広大な敷地の昭和記念公園へ。

桜の開花はまだですが、晴天に恵まれた三連休最後の日とあって、多くの人でにぎわっています。

まだ使い慣れていないX7。液晶でタッチ操作できるので、スムーズに動作させることができる一方、途中、覚えのない設定になってしまっているときがあり、操作説明書を閲覧してクリア。携帯してよかった〜。

ワイドで撮りたいときや被写体に近づいて撮りたいときは、18-55mmレンズで、他は55-250mmの望遠が威力を発揮します。

スライドショーにしてみました。シャープとボケが調和し、早春の公園のほのぼのとした雰囲気が伝わってくるのでは、と思いますが、いかがでしょうか?

 

 サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、以下画像下の(c)Hanaのリンクより閲覧・入手していただけます。

33863181

 

(c)Hana画像素材 PIXTA –

Share

Canon EOS Kiss X7で初の撮影

思い描いていた写真が撮れ満足

一昨日届いたばかりのCanon EOS Kiss X7。Amazonで一緒に購入した液晶フィルムを貼り、カメラの初期設定を終えていざ初の撮影へ。

まずは、家に迎えた多肉の「虹の玉」。

nijinotama-taniku

オートで背景が適度にボケて、いい感じです。

「使用説明書」片手に甲斐市赤坂台総合公園、通称ドラゴンパークへ。この「使用説明書」が大いに役に立ちます。紙媒体は見やすくて大助かり。

「使用せ説明書」

simbol-tower

公園のシンボルでもある展望塔

甲府盆地と富士山

展望塔から見た甲府盆地と富士山

はるか彼方の富士山がくっきりと映し出されています! スマホとは大違い。望遠レンズを装着すると結構重たくなりますが、望遠ならではの画質に。

甲斐駒ケ岳

やや霞みがかった中に甲斐駒ケ岳も

芝生広場

芝生広場遠方に富士を望む

グリーンドラゴン

グリーンドラゴン

「ドラゴン」をかたどったオブジェがあちらこちらに。

ロックドラゴン

ロックドラゴン?!

パンジー

斜面に植えられたパンジー

近景・遠景がボケて味のある雰囲気に。

Canon EOS Kiss X7で初の撮影をしてみて、思い描いていた写真が撮れ、選定に誤りはなかった、と確信した次第です。
世界が広がったようで、うれしいです!

Share

ブログ立ち上げにあたりCanon EOS Kiss X7を購入

x7-image

購入を決めた4つのポイント
仕事でWordPressに触れたことがあり、ブログサイトを立ち上げてみたいと思い、少し勉強してきました。プログラミングはまだまだですが、目的に合いほぼデフォルトで使えるテーマ、Twentyelevenを見つけてローカル環境で試し、いよいよ本番へという段階に。

そこで大事なツールとなるのがカメラ。WordPressの勉強を始めたころからずっと探してきました。高級コンデジ、デジタル一眼レフ……。たどり着いたのは、Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 ダブルズームキット。

ポイントは、撮れた写真がきれいで、コストパフォーマンスが良いこと。価格. com http://kakaku.com の製品サンプル画像をチェック。

①明るく背景のぼかしがきれい。②動きのある被写体を瞬時や遅いシャッタースピードで撮れる。③望遠が利く。④持ち運びしやすい。

これらの条件を満たしているのがX7。「2015年、世界最小・最軽量の一眼レフ。」という売りで、発売以来ベストセラーを誇っています。バイアングルやwi-fiは搭載していませんが、すべて満足ということは望めないもので、ここで妥協。パンケーキレンズなどを追加することで、さらに応用も効きそうです。

ほかに必要となる最初のアクセサリーをまとめてそろえられることから、Amazon https://www.amazon.co.jp で購入を決めました。

3月5日に発注して、6日にすべてが到着!

x7-box-image

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 ダブルズームキットが到着!

まずは使用してみましょう。

以下、Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 ダブルズームキットと一緒に購入したアクセサリー。ご参考にどうぞ(Amazonで見る)↓

Share