早春の昭和記念公園をEOS X7で撮ってみた

55-250mmの望遠が威力を発揮

入手したばかりのCanon EOS kiss X7をリュックに入れ、広大な敷地の昭和記念公園へ。

桜の開花はまだですが、晴天に恵まれた三連休最後の日とあって、多くの人でにぎわっています。

まだ使い慣れていないX7。液晶でタッチ操作できるので、スムーズに動作させることができる一方、途中、覚えのない設定になってしまっているときがあり、操作説明書を閲覧してクリア。携帯してよかった〜。

ワイドで撮りたいときや被写体に近づいて撮りたいときは、18-55mmレンズで、他は55-250mmの望遠が威力を発揮します。

スライドショーにしてみました。シャープとボケが調和し、早春の公園のほのぼのとした雰囲気が伝わってくるのでは、と思いますが、いかがでしょうか?

 

 サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、以下画像下の(c)Hanaのリンクより閲覧・入手していただけます。

33863181

 

(c)Hana画像素材 PIXTA –

Share