春の菜園はネギとジャガイモから

タンポポとカワラヒワも共存のネギ畑

タンポポとカワラヒワも共存のネギ畑

豚糞で土壌改良しキタアカリを植え付け

当ブログサイト立ち上げの目処が立って迎えられた春の菜園シーズン。

春の菜園は、ネギとジャガイモの植え付けでスタートします。

ネギは連作OKということで、昨年は分けつするネギをそのまま置いておき植え替えをしなかったところ、さらに分けつをしたため、細くなってしまいました。

今年はきちんと植え替えをして、別に入手できた下仁田ネギの苗の植え付けもしました!

豚糞で土壌改良し植え付け。発芽したキタアカリ

豚糞で土壌改良し植え付け。発芽したキタアカリ

ジャガイモは、昨年の春、とてもおいしい「インカの目覚め」に挑戦したのですが、失敗。難しい品種らしいということを後で知りました。

そこで昨年はリベンジとして、秋ジャガイモ「出島」にチャレンジ。秋ジャガイモは種芋が腐りやすく注意が要り収穫量も少ないのですが、まあまあの出来で、しばらく食べられました。

そのときいろいろ調べて、土壌改良に用いたのが豚糞。近隣のホームセンターには売りがなく、楽天市場で見つけたものを使いました。15キロ袋をきちんとダンボールに梱包したものを送料無料で届けてくれました。

キタアカリ、やや日陰になるところですが、育っています

キタアカリ、やや日陰になるところですが、育っています

今年もその豚糞を土作りに使い、浴光催芽を十分に行った「キタアカリ」を植え付けました。無農薬無化学肥料でほかに有機培養土は使います。昨年の反省から、培養土は多めにしました。

甲州百目の柿の木でやや日陰になるところですが、育ってくれています。たくさん採れますように!

カブトムシも一緒に越冬のヤーコンを植え付け

ポリフェノールやオリゴ糖が豊富で整腸作用・抗酸化作用など健康効果があると人気になっているヤーコンの植え付けも行いました。

サツマイモのような外観の芋、ただ植え付けしておいただけでしたが、昨年もずいぶんたくさん収穫でき、おすそ分けが大変なくらいでした。

芋を採り終えて残った根塊を地中に埋めておくのですが、寒さに弱いので注意が必要。刈り取った多量の地上部分の茎と葉を上に置きます。春になったら根塊を分けて植えます。

掘り起こしてみると、無事越冬していました。土の中からはカブトムシの幼虫も。堆肥置き場に移してあげました。

無事越冬したヤーコンの根塊

無事越冬したヤーコンの根塊

ヤーコンを被せておいた枝葉の中から出てきたカブトムシの幼虫

ヤーコンを被せておいた枝葉の中から出てきたカブトムシの幼虫

柿の枝が地中で芽吹いたものも出てきてびっくり。柿は挿し木もできるようですから、生命力が旺盛なのでしょうね。

土の中には芽吹いた柿の枝も

土の中には芽吹いた柿の枝も

アスパラガスも発芽しました

アスパラガスも発芽しました

時々やってくる黒猫ちゃん。種まきしたところをトイレにしなければ歓迎です!

時々やってくる黒猫ちゃん。種まきしたところをトイレにしなければ歓迎です!

ゴールデンウィークは夏野菜植え付けです!

「とんぷん」 楽天市場へ

「とんぷん」 楽天市場へ

楽天市場で購入した豚糞。土壌改良に有効だそうです。

Share

タケノコご飯 野崎洋光さん考案のアク抜きで

タケノコの風味や歯ざわりがとても良い炊き込みご飯と煮物が
スーパーに並んでいたタケノコを衝動買い

スーパーに並んでいたタケノコを衝動買い

NHKで放送されている「猫のしっぽ カエルの手」のベニシア・スタンリー・スミスさんの定義によれば、生活に生かせる植物はすべて「ハーブ」だといいます。

ですので、春が旬のタケノコは、日本の立派なハーブ。旬のものは不思議と体が欲するもので、スーパーの店頭に並んでいたのを見ると、思わず手に取って購入してしまいました。

今年は雨が少なかったため、出荷が遅れ、貴重なものになっているそう。

以前、テレビで日本料理の野崎洋光さんがぬかを使わないアク抜きを紹介していたのを覚えていたのですが、何を使っていたのかを失念し、ネットで検索。クックパッドで見つかりました。大根おろしを使うんだったんですね! よりよくアクが抜けるということでした。

https://cookpad.com/recipe/4483456

大根おろしの汁に漬け込んでアク抜き

大根おろしの汁に漬け込んでアク抜き

クックパッドのレシピに沿って、大根下半分をおろしてざるでこし、倍に薄めて塩を加えた中に漬け込みました。30分以上とのことでしたが、当日のご飯に間に合わず、翌日まで冷蔵庫でしっかりと。

翌日、味見をしてみると、熱を加えないので、タケノコそのものの味や歯ざわりが損なわれていないのでは、と思いました。

ちょうどのタイミングでした到来物の大きなドンコのシイタケ、シラスと一緒に炊き込むことに。

おこげもできて、季節のおいしい炊き込みご飯ができ上がりました。

タケノコご飯の出来上がり!

タケノコご飯の出来上がり!

煮物も作りました。

煮物も作りました!

煮物も作りました!

大根を思いのほかたくさん使い、汁を絞った残りの活用法で良いものがあればいいのでは、と思います。

Share

日米友好のシンボル・ハナミズキが街を彩り

桜からバトンタッチされたように開花するハナミズキ

桜からバトンタッチされたように開花するハナミズキ

花と紅葉と実が楽しめて手もかからず街路樹やシンボルツリーに

桜の花が散り、青葉の色が次第に濃くなってくるころ、街角や庭先を彩り始めるのがハナミズキです。まるで桜からバトンタッチされたかのように。

アメリカ原産のハナミズキは花と紅葉、また赤く色付いた実を楽しむことができる、街路樹や住宅のシンボルツリーとして人気に。広がりを見せたのは、街路樹に多いイチョウなどと比較して大きくならず、根をあまり広げない、病虫害に強いといった利点もあるそうです。

アメリカでは桜の花のように愛されているというハナミズキ。花弁のように見えるのは総苞で、中心部分の塊が花序だそう。桜と違ってしかりとした白やピンクの4枚の総苞がくねったリボンのように水平に広がり、チョウが群れて舞っているように見えます。ハナミズキの森の中にあったアトランタの住宅街を思い出します。

リボンがくねりチョウが群れて舞っているよう

リボンがくねりチョウが群れて舞っているよう

長い苦難の過程の末、日米友好のシンボルに

ハナミズキはアメリカとの友好のシンボルです。大正末期に尾崎行雄東京市長がワシントンにソメイヨシノを贈り、その返礼としてアメリカ原産のハナミズキが東京に贈られたという有名なエピソードがあります。しかし、最初のものは明治中期に日本に入っていたようです。

毎年のようにテレビなどで、日米二国間の親密な関係を祝うそのにぎやかな模様が放映されるワシントンの「全米桜祭り」。しかし、こうした現在を迎えられるまでには、日米間の多くの人が関わり壁を乗り越え切り開いた道のりがあったからだそうです。

アメリカでは桜の花のように親しまれる

アメリカでは桜の花のように親しまれる

まず、桜の木の公式植樹に至ったのは、実に24年に渡る一人の女性の提案が発端だといいます。日本からの旅行から帰ったナショナルジオグラフィック協会の理事、エリザ・シドモアです。よほど日本の桜に魅了されたのでしょう。

シドモア個人が持ち込んだ桜が縁で、著名な植物学者のフェアチャイルドは1000本の桜を輸入してその所有地に植樹し、日本の桜の植樹推進を始まることに。シドモアからまた当時の署名人、さらには大統領夫人、その後、日本人科学者高峰譲吉らを経て、尾崎行雄が2000本の桜を寄贈する提案はようやく受け入れられることになるのです。

しかし寄贈された2000本の桜は検疫により焼却処分を受けるという憂き目にあってします。それでも、尾崎は高峰の支援を受けながら、6000本の寄贈を実現したのです。

日米双方が壁を乗り越え友好のシンボルに

日米双方が壁を乗り越え友好のシンボルに

それから3年後、桜の返礼にとアメリカから贈られたのが40本のハナミズキでした。ハナミズキは何箇所かに分けて植樹されますが、第二次世界大戦中にほとんどが被災したり伐採されるなどしてしまうという運命に。が、唯一都立園芸高校に残ったハナミズキは大切に守られ、その原木1本が残っているそうです。

平和とともに広がりを見せてきたハナミズキ

終戦後、平和を取り戻し日米の交流も盛んになる中で次第にその存在とその魅力が認知されるようになってきたハナミズキ。

2012年には、日本から桜が贈られた100周年記念として、アメリカから3000本のハナミズキが贈られ、代々木公園などに植樹されたということです。

花によって築かれた友好関係がいつまでも続きますようにと願わずにおれません。

一青窈さんの楽曲「ハナミズキ」は、アメリカ同時多発テロが発生したとき、アメリカにいた友人からのメールをきっかけにわいてきた平和を願う詩だそうです。

甲府市朝日通り商店街 街路樹のハナミズキがオリジナル商品に
ハナミズキ祭りの甲府市朝日通り商店街

ハナミズキ祭りの甲府市朝日通り商店街

あちらこちらでハナミズキの花が見られるようになった甲府の街を歩いていると、満開のハナミズキの街路樹に飾られた朝日通り商店街が突然視界に飛び込んできて、カメラに納めました。古くからの商店街で、100軒の商店の絆が産んだ知恵と思いの結晶なのでしょうね。

商店街オリジナル品として、ハナミズキ酵母ワインとハナミズキ酵母パンを開発・販売。友好を思わせる味が楽しめることでしょう。今度、入手してみたいと思います。

甲府市朝日通商店街オリジナル品 HPへ

甲府市朝日通商店街オリジナル品 HPへ

以下、参照させていただきました。

全米桜祭り Wikipedia

米国から贈られた「ハナミズキ」100年祭、日米親善のもう1つの‟絆”

サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、画像下の(c)Hanaのリンクより閲覧・入手していただけます。

37182232

(c)Hana画像素材 PIXTA –

 

Share

簡単で香り豊か 手作りヨモギ団子を作りました!

子供の保育園時代、友人に教えていただいた記憶をたどり
ヨモギを摘んで、思い出のお団子を作りました

ヨモギを摘んで、思い出のお団子を作りました

春といえば、ヨモギ摘みもいいものですが、自然がも、またのんびりとヨモギを摘む時間も失われている昨今。

そんな状況下、ヨモギを練りこんだ大福餅やお団子も、お店で簡単に手に入るようになっています。でも、生菓子には保存料などの添加物が付き物。香りも生の葉を使ったものには及ばないでしょう。

昨年、母がヨモギ団子を作りたいと言い、近くの川沿いを探したのですが、急な土手は柵が巡らせてあり、入ることはできませんでした。そこで、かろうじて見つけたヨモギを裏の菜園の角に植えて栽培することにしました。

菜園のヨモギ

菜園のヨモギ。いろいろに活用できます

旺盛な生育力でよく育ち、花穂が付く前の夏場、刈り取って葉をもいで乾燥させ、ヨモギ茶を作りました。苦いので少量を柿の葉茶や好みのハーブにブレンドしていただきます。ちょっと体調がどうも、というときなど、体がシャキッとしたりするのです。

ヨモギは「ハーブの女王」と呼ばれるほどさまざまな効能を有しています。浄血・発ガン抑制因子増加・切り傷やアトピー性皮膚炎の改善などの優れた作用があり、服用のほかにお風呂やお灸などの外用としても効果を発揮しています。

子供が保育園時代、小学校の先生をしていた友人が誘ってくださり、同じクラスの子供とお母さんたちで、休日、ヨモギを摘んで白玉粉を使ったお団子を作っておいしく楽しく食べた思い出があります。

そこで、庭のヨモギを使って思い出のヨモギ団子を再現してみることにしました。

重曹を加えて色良くゆでます

重曹を加えて色良くゆでます

新芽のころと違ってかなり大きくなっていますが、これでも大丈夫。摘んだ葉をきれいに洗って、重曹を加えたお湯でゆでたら、冷水に取って細かく刻みます。

白玉粉と刻んだヨモギをお団子に

白玉粉と刻んだヨモギをお団子に

これを白玉粉と合わせて、耳たぶの固さのお団子を作り、沸騰したお湯の中で浮き上がってから2〜3分ゆでた後、氷水で冷やします。

浮き上がってきてから2〜3分ゆでて冷水に

浮き上がってきてから2〜3分ゆでて冷水に

きな粉など、お好みのものでいただきます。

子供たちや友人との思い出をかみしめながら、母と一緒に摘み立てのヨモギの香りいっぱいのお団子を楽しみました。

簡単でおいしく、オススメです!

Share

続・春はスミレもまたゆかし

遠く海外でも愛されているスミレたち
JA直販店で見つけた「レッドジャイアント」

JA直販店で見つけた「レッドジャイアント」。北アメリカ原産

地元の新鮮な野菜や果物などがお安く手に入るので時々利用させてもらっているJA直販店。地元農家の方が育てたお花の苗も置いてあり、目を引くきれいな珍しい色のスミレを思わず手にとって、お庭の仲間に加えることにしました。

帰って名前を見ると、「レッドジャイアント」というジャンボなお名前。しなやかな姿から野生種と思われるのですが、調べて見ると、アメリカ原産でした。北アメリカ東部から中部に分布しているようです。ビオラソロリア、別名アメリカスミレサイシンに属するとのことです。

フイリゲンジスミレ

中国・朝鮮・シベリアなどで見られる「フイリゲンジスミレ」

それから1週間ほどしたころ、庭の植え込みの下にひっそりと咲いた、可憐でこれまた薄赤紫系のスミレの花を発見。母が植えていたもののようです。昨年夏場、白い葉脈の小さな葉の植物が点々と広がっているのを見て、ユキノシタの類かと思っていたのですが、スミレだったとは。

中国・朝鮮・シベリアなどで見られる「フイリゲンジスミレ」とわかりました。シロバナ種などの変種もあるようです。

名前の由来を不思議に思って調べて見たところ、日本のゲンジスミレの原種ではないかといったところからのようですが、現在は要検討となっているという情報が得られました。

ともあれ、遠く海外にあっても、野に咲くスミレは人々に愛され、大切に守られて今日に至っているのだなと感じ入ったことでした。

以下サイトを一部参考にさせていただきました。

http://www.io-net.com/violet/index.html

 

Share

釈迦堂PAにて 桃に彩られた甲府盆地の絶景と縄文遺跡に触れて

釈迦堂遺跡博物館・縄文博物館は釈迦堂PAから専用通路で行くことができる

釈迦堂遺跡博物館・縄文博物館は釈迦堂PAから専用通路で行くことができる

過日、中央道上り車線の釈迦堂PAに立ち寄った際、下り車線の高台にあるのを目にした「縄文博物館」の建物。その前方は桃園のようでピンク色に彩られています。5日後の下り車線利用時、パーキングエリアに立ち寄ってみました。

全国有数の縄文遺跡群が桃源郷の下に

この博物館は「釈迦堂遺跡博物館」で、釈迦堂PAから専用道路の階段を上って入館・利用することができます。抜群の眺望の博物館で隣接の桃園は花盛り。せっかくの機会ですので、入ってみることにしました。

桃の花に彩られた釈迦堂博物館入り口

桃の花に彩られた釈迦堂博物館入り口

甲府盆地東部の京戸川扇状地の扇央地に位置する釈迦堂遺跡群は、中央自動車道開通工事により発見され、1980年2月から翌1981年11月まで2万人の動員で発掘調査が行われました。

入り口付近の釈迦堂博物館案内。全国でも有数の縄文遺跡博物館

入り口付近の釈迦堂博物館案内。全国でも有数の縄文遺跡博物館

調査の結果、旧石器時代、奈良時代、平安時代の住居や墓のほか、多量の土器や土偶、石器が発見。中でも1,116個体の土偶の数は青森県の三内丸山遺跡に次ぐ多さであることに加え、意図的な破壊が祭祀の痕跡をうかがわせる点で学術的にも貴重なものとなっているそうです。

すべての土偶は1988年に国の重要文化財に指定。釈迦堂遺跡博物館に保存・展示されています。

すべて重要文化財となっている土偶にはさまざまな表情が。許可を得て撮影しています

すべて重要文化財となっている土偶にはさまざまな表情が。許可を得て撮影しています

笛吹市・甲州市組合立のこの博物館は2階建てで、2階は常設展、1階は特別展として「狭東の土偶」展が開催されていました。

縄文土器の模様には、縄文人が考える神話的な世界が表現されていると言われている

縄文土器の模様には、縄文人が考える神話的な世界が表現されていると言われている

博物館でいただいた資料を読み、12,000年前〜3,000年前という縄文時代の長さを再認識。この先人たちの営みの上に現在の私たちの生活や文化があると思うと、感慨深いものがあります。木ノ実などが主食だったと考えられる縄文人が暮らした森が、今は桃園などになっているのです。

1階ホールは展望ロビーとなっていて、博物館から眺められる実に多くの山々の位置図や解説もあり、実物の山と照合もできます。盛りを過ぎていましたが、遠方にうっすらとピンクの霧がかかったような笛吹市一宮桃源郷も望めました。

展望ロビーから見る甲府盆地と甲斐の山々

展望ロビーから見る甲府盆地と甲斐の山々

展望ロビーからの眺め

展望ロビーからの眺め

釈迦堂博物館から見られる甲斐の山々を解説

釈迦堂博物館から見られる甲斐の山々を解説

博物館の周りには遊歩道があり、甲斐の山々と甲府盆地の絶景と季節の花々を楽しみながら散策。屋外施設にある複数の縄文住居跡では、先人たちの暮らしを思い描いてみられることでしょう。

釈迦堂博物館周辺を巡る遊歩道

釈迦堂博物館周辺を巡る遊歩道

釈迦堂博物館付属施設には住居跡もあります

釈迦堂博物館付属施設には住居跡もあります

博物館訪問後は、隣接した桃園の散策へ。さまざまな品種の桃の花が競うように咲き誇り、春風の中で周辺の菜花と共演。訪れる人々を楽しませてくれていました。特産品の小さな販売も行われていました。

隣接の桃園では桃と菜花と山々の共演も

隣接の桃園では桃と菜花と山々の共演も

さまざまな桃の花が競い合って咲く

さまざまな桃の花が競い合って咲く

わずかな時間でしたが、思いがけず、この大地に根ざした縄文の歴史と息吹きを肌で感じ、季節の桃の花の彩る甲府盆地の風景をこの目と心とカメラに納めることができ、満足でした。

追記

「しゃかどう」の名前の由来は、縄文時代の原始的な信仰「ミシャクジ」だとされているそうです。「シャク」が「シャカ」となり、「釈迦」という漢字が当てられたと考えられるということです。(恵美嘉樹著「全国一の宮徹底ガイド」PHPより)

 

Share

六義園 江戸の大名庭園にタイムスリップ

大自然と日本庭園が一体化 どの一点・どの方向を見ても調和が取れて

「名勝 六義園」の石柱

新緑がまぶしいばかりの、国指定特別名勝「六義園」に初めて行ってきました。

茶室・宜春亭

入って左手奥には茶室・宜春亭が

園内に足を一歩踏み入れたところから、名勝たるゆえん、歴史が感じられるたたずまい。

中の島の妹山・背山を望んで

中の島にある妹山・背山は、イザナギ・イザナミにちなんでいる

自然の景観と粋が尽くされた古来の日本庭園の美しさが融合し、広い庭園内のどの一箇所、どの方向を見ても、調和が取れ絵になっているのには驚きます。

裏側にある蛛道(ささがにの道)付近

裏側にある蛛道(ささがにの道)付近。蜘蛛(くも)の糸のように細いことに由来する。衣通姫(そとおりひめ)が和歌に詠んでいる

希少な姿を伝えるツツジ茶屋

希少な姿を伝えるツツジ茶屋

徳川五代将軍綱吉の側用人であった柳沢吉保が、その下屋敷に古今和歌集の六つの和歌に由来する景観を盛り込んだ回遊式築山庭園を作り上げたものが、今に引き継がれているとのこと。

渡月橋を渡ると、藤代峠へ

渡月橋を渡ると、藤代峠へ

rikugien11

ツツジに覆われた藤代峠。頂は「富士山」と呼ばれる

藤代峠からの景観

藤代峠からの景観

歴史の流れとともに荒れてしまっていた庭園は、岩崎弥太郎が購入したのを機に整備され、今日に至っているとのことです。江戸の火災も東京大空襲の被害も免れたのです。

吹上茶屋脇のツツジ

吹上茶屋の脇、咲き始めの多種類のツツジには、それぞれの名札が

吹上茶屋ではお抹茶とお菓子もいただけます

吹上茶屋ではお抹茶とお菓子もいただけます

都心の一角とは思えないような、外界の喧騒とは一線を画した大自然の中の大名庭園に、江戸時代の大名屋敷にタイムスリップして飛び込んだかのよう。何組も出会った外国人観光客たちも風光明媚な庭園とともにその空気を味わっているかのようでした。

滝見茶屋付近

滝見茶屋付近

ニシキゴイ

追記

六義園 人形焼

六義園 人形焼。園内には休憩所兼売店もあります

吹上茶屋付近にいたネコ

吹上茶屋付近にいたネコちゃん。呼んだら振り向いてくれました

駒込駅からの沿道には、ちょっとおしゃれなお店も軒を連ねていました

 

Share

昭和記念公園 夢の国のようなチューリップガーデンは魅力いっぱい

桜舞い散る渓流広場に鮮やかな絵画の世界が
渓流広場に広がる魅力のチューリップガーデン

渓流広場に広がる魅力のチューリップガーデン

春たけなわ、桜吹雪とチューリップガーデンが織りなす情景が人々を魅了してやまない昭和記念公園を取材してきました。

水面には一面の花いかだが風情を際立たせて

水面には一面の花いかだが風情を際立たせて

四季折々に園内を彩る花々や、広大な敷地に配された散策路、またさまざまな施設とイベントなどで年中賑わいを見せるこの昭和記念公園。その中で最も華やかな彩のチューリップガーデンを目当てに公園を訪れる人も多いようです。

色とりどりのチューリップが互いを引き立てあって

色とりどりのチューリップが互いを引き立てあって

このチューリップガーデンは、世界最大の花の公園であるオランダのキューケンホフ公園の前園長に設計と施工管理を依頼したという力の入れよう。これにより、渓流広場に広がる樹木などとも調和し絵画を見るようなデザインの風景は、6年間で2倍以上の集客につながっているそうです。

渓流沿い絵画のようなデザインのチューリップガーデン

渓流沿い絵画のようなデザインのチューリップガーデン

さまざまな色や形のチューリップが互いを引き立てあい、また全体を際立たせるデザインで植え込まれ、陽光と春風を全身で楽しんでいる様子は、天国さながらのようです。

陽光と春風を全身で楽しんでいるチューリップたち

陽光と春風を全身で楽しんでいるチューリップたち

宝石箱のような色とりどりのチューリップ

宝石箱のような色とりどりのチューリップ

珍しい八重咲きのチューリップも溶け込んで

珍しい八重咲きのチューリップも溶け込んで

桜吹雪の舞い始めたソメイヨシノと菜の花との共演の脇で、のんびりと過ごす人々の姿もまた楽しそうでした。

みんなの原っぱでは桜と菜の花の共演が

みんなの原っぱでは桜と菜の花の共演が

 

 

 

Share

超初心者がWordPressのブログ立ち上げまで—基本技術のすべてはドットインストールとネットで習得できた

ドットインストールを選んだ訳
ドットインストール・トップ

ドットインストール・トップページ

仕事でWordPressに触れたことがあり、勉強がてら自分でブログを立ち上げてみたいと思っていました。作ってもらったサイトの投稿の更新を行う経験をしたのですが、コードなどについては理解していませんでした。

そこで選んだのがドットインストールでした。「WordPress 無料学習 動画」といったキーワードで検索。さまざまな選択肢のある中で、ドットインストールを選んだ訳はーー。

上位に表示されていて、手軽に基本が学べ、またニーズに応じてレベルアップもできる豊富なレッスンが無料で提供されていること。また、プレミアム会費も負担にならない金額で、入退会も自由。

よし、これでやってみようと、思い切って2015年10月に会員登録し、動画学習を開始しました。

 

不明箇所の検索でヒットしたドットインストールの「WordPress 入門」講座

けれども、WordPressの基本となるHTML、CSSから動画を視聴しながら学習を始めてみたものの、プログラミングの知識のまったくない私にとってはただただ難しいばかり……。ほとんどちんぷんかんぷんと言ってもいいくらいです。

それでも、PHP、MySQLなどをざっと視聴して、目標の「WordPress 入門」へ。

しかし、この「WordPress 入門」講座はドットインストールで提供しているローカル開発環境で作業をしていくというものだと知ります。

そこで、【旧版】ローカル開発環境の構築 [MacOS X編] (全9回)の学習を始めてみたのですが、難しくてあえなく挫折。

よく知られたMacOSのローカル開発環境のMAMPを導入して、「WordPress 入門」の学習を進めていくことに。作ってみたいサイトをイメージして、形を組み立てていきます。

 

学習を進めやすい特典が盛りだくさんのプレミアム会員

その段階で、確かトップページの抜粋表示だったでしょうか、さまざま検索して試行錯誤してもうまくいかず、さらにいろいろググっていてヒットしたのが、ドットインストールの「WordPress 入門」講座の中のおそらくは「記事の一覧を表示させよう」だったのです。な~んだ、講座をきちんと勉強していればよかったんだ。

ここで意を決してプレミアム会員として入会することにしました。一般会員になってから一年後のことでしたが、入会してみると、学習を進めやすい特典が実に盛りだくさん。

premiam-top

ドットインストール・プレミアムサービス

もっと早い段階でプレミアム会員になっていれば、学習の進行もスムーズだっただろうに、と思うことしきりでした。

 

質問機能で不明点を100パーセントクリア

中でも助かったのは、試行期間だそうですが、プレミアム会員の特典である質問機能。入会したときには、折しもその質問機能が始まって間もない時期でした。

一般会員になってしばらくしてからは中断していた学習が、プレミアム会員になって一気に進んでいくことになります。

さっそく質問機能を利用させていただくと、さまざまな言語に対応したローカル開発環境の構築が必須であるとのアドバイスをいただくことができました。

そこで、挫折していたローカル開発環境と、それに関連したさまざまな講座をやり終え、できていなかったローカル開発環境の構築をやりとげることを決意。

その後、ローカル開発環境にWordPress をインストールして、一つの到達点にしていた「WordPress 入門」講座をやり終えることを目標にやってみることにしました。

この過程で、質問機能を大いに活用させていただきました。

プレミアム会員の特典に質問機能が加われば万全。つまずいている箇所を100パーセントクリアできます。親切・ていねい、ときに厳しく、しかし問題点が解決されるまできちんとした対応をしていただき、ただただ感謝でした。

質問機能を通じてのやり取りの中で、先生方の知識やお人柄、プログラミングに掛ける姿勢といったものまでもが行間から伝わってきて、背筋が伸びる思いになったことも、学習を進めていく上での大きな力になりました。月額980円では申し訳ないとたびたび思いました。

 

目標の「WordPress 入門」講座を無事終えて

こうして、「ローカル開発環境の構築」などをクリア、ついに「WordPress 入門」講座を構築したローカル開発環境でやり終えることができたのです。

「WordPress 入門」を終えてみると、以前の自前の勉強の中で出たレイアウトの不具合なども解消されていました。きちんと学習を積み上げることで、問題が解消されたのだと思います。以下サイトではその点も紹介されています。

ドットインストール 評判/評価は? 無料で学べるプログラミング ドットインストールの使い方から感想まで

プレミアム会員になる前にネットで検索してドットインストールにヒットしたのも、実際WordPressのサイト立ち上げに向けたプロセスがきちんとわかりやすく解説されていたからなのだと理解した次第です。

私の場合、参考となる書籍も少しは入手してみたのですが、必ずしも必要な情報が得られなかったり、内容が頭に入らず無駄になり、結果、動画学習サイトが最も有効でした。

そのほかに必要な情報は、ネットでひたすら検索して得てきました。

 

プレミアム会員になって半年 ついに念願のサイト立ち上げへ

こうして、ドットインストールのプレミアム会員になってから半年となる今年の4月、ついに目標だったWordPressブログサイトを立ち上げることができました。

サイト立ち上げまでのさまざまな事柄の習得には、自分で調べてやってみることと同時に、ドットインストールのプレミアム会員など、活用できるものは積極的に取り入れていくことの大切さを実感しました。

まだまだプログラミングは初心者なので、ドットインストールのプレミアム会員でHTML、CSSから復習をしています。学習を続けていく中で、WordPressのカスタマイズがさらに自在にできるようにしていきたいと思っています。

また、立ち上げることのできたこのブログを充実しさせて、訪問してくださる方の役に立てるコンテンツで継続していきたいと思っています。

 

<まとめ> ドットインストール、またそのプレミアム会員で良いと思う点8つ

① 基礎から応用まで幅広い範囲の学習講座

② わかりやすい3分動画で気軽に長く継続できる

③ 実用に転化できる過程を踏まえて掘り下げられた内容

④ 充実した機能満載のプレミアム機能

⑤ プレミアム会員限定の質問機能(試行段階)で100パーセント不明点クリア

⑥ プレミアム会費を納めて自分を追い込み学習を進められること

⑦ 何かと励みや参考になる毎週のドットインストール通信

⑧ IT教育を背負っていこうといった理念が感じ取れること

この記事で何かお役に立てることがあれば幸いです。

 

Share

境川PAで見られた一宮桃源郷 雪を頂いた南アルプス・八ヶ岳とともに

境川PAから望む笛吹市一宮桃源郷

境川PAから望む笛吹市一宮桃源郷

桃のピンクと雪山の白のコントラストが美しく

甲府盆地の東寄り、笛吹市一宮桃源郷でも桃の花の開花が始まった様子を、中央自動車道上り車線で移動中、車窓から目にすることができました。三分咲きほどの桃の花が一面盆地を彩り始めています。

サービスエリアでカメラに納めることはできないかと立ち寄った境川PA。入ってすぐの場所に展望の良い場所があり、桃源郷の中心からはかなり遠ざかった場所ではありますが、うっすらとピンク色が覆う甲府盆地を眺めることができました。

霞みがかった中ではありますが、盆地の彼方には雪を冠った南アルプスや八ヶ岳、秩父山系を望むことができ、それらの展望図が設置されていました。これまで何度も通り過ぎていた場所でしたが、思わぬ発見でした!

八ヶ岳方面

八ヶ岳方面

甲府盆地の背後に茅ガ岳

甲府盆地の背後に茅ガ岳

甲斐駒ケ岳と鳳凰三山

甲斐駒ケ岳と鳳凰三山

彼方に白峰三山

彼方に白峰三山

満開になれば、もっと鮮やかなコントラストになるでしょう!

満開になれば、もっと鮮やかなコントラストになるでしょう!

こちらもどうぞ 「新府桃源郷 鳳凰三山・八ヶ岳を望む山里に」

Share