桜の赤坂台総合公園–富士山・南アルプス・八ヶ岳とコラボレーションが見事 

歴史ある大地–四方に花々と山々それぞれの絶景が
赤坂台総合公園にて 満開の桜と甲斐駒ケ岳

赤坂台総合公園にて 満開の桜と甲斐駒ケ岳

桜開花の時期を迎えた赤坂台総合公園、愛称・ドラゴンパークを三分咲き、満開の2回に渡って取材してきました。

山梨県甲斐市竜王の高台に位置する赤坂台総合公園は、富士山・南アルプス・八ヶ岳などの山々が見渡せる広大な芝生広場を中心に、遊具のある広場や園路を配し、四季折々の花壇を施した地域の人気スポット。

芝生広場と遊具のある広場

芝生広場と遊具のある広場

アースワーク広場の富士山の形のすべり台。背景には富士山が

アースワーク広場の富士山の形のすべり台。背景には富士山が

ここにも富士山と桜が! 砂場が富士山の形に!

ここにも富士山と桜が! 砂場が富士山の形に!

甲府盆地界隈で富士山や南アルプスの山々を撮影したいとき、建物や電信柱、電線などが邪魔になるのことが多いのですが、このドラゴンパークは障害物がほぼない環境で、また、樹木や花々とマッチした風景を写し出すことのできる貴重な場所です。周囲に桜が植えられていて、雪を頂いた山々とのコントラストが美しい写真が撮れるのではと待っていました!

ドラゴンパークという愛称の由来は、竜王にあることからだそう。2004年9月1日に旧中巨摩郡竜王町は同じく中巨摩郡敷島町、北巨摩郡双葉町とともに合併し、現在の甲斐市になりました。

地下横断道路入口のドラゴンのレリーフ

地下横断道路入口のドラゴンのレリーフ

「竜王」は中世以来の地名で有富山慈照寺に湧く竜王水から来たものという説があるそうです。地域には数多くの先史時代の遺跡が見つかっていて、中秣塚(なかまきづか)古墳はここドラゴンパークに隣接しています。

公園に隣接した中秣塚(なかまきづか)古墳。背後にあるのは民間の建物

公園に隣接した中秣塚(なかまきづか)古墳。背後にあるのは民間の建物

奈良・平安の遺跡も見つかり、やがて戦国時代には武田氏の統治が行われたという歴史ある大地の一角にあるこの公園。四方を見渡せる展望塔からは眼下に甲府盆地を一望できます。

南には甲府盆地と富士山を一望

南には甲府盆地と富士山を一望

公園の周囲を巡る園路の桜並木は、花々をめでながらのんびりと過ごす多くの人でにぎわっていました。芝生広場周辺の斜面などの花壇の芝桜やビオラも公園をいっそうの彩りを添えています。

園路から望む桜と芝桜と南アルプスのコラボレーション

園路から望む桜と芝桜と南アルプスのコラボレーション

芝生広場周辺のヴィオラの花壇

芝生広場周辺のヴィオラの花壇

歴史の大きな流れの一端がどこか感じられる公園で、南に富士山、西に南アルプスの峰々、北に八ヶ岳と、それぞれ雪をかぶった山の姿を、春の訪れを告げる淡くて繊細でいて華やかさを併せ持った桜の花々と一緒に画面に納めることができました!

桜並木と芝桜と富士山と

桜並木と芝桜と富士山と

桜の下に望む甲斐駒ケ岳と芝桜に彩られた芝生広場。手前には石のドラゴン

桜の下に望む甲斐駒ケ岳と芝桜に彩られた芝生広場。手前には石のドラゴン

桜の木の間から見られる八ヶ岳。手前は「森の回廊」

桜の木の間から見られる八ヶ岳。手前は「森の回廊」

サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像ほか、下のリンクより入手していただけます。↓

 

35576975

 

(c)Hana画像素材 PIXTA –

Share