六義園 江戸の大名庭園にタイムスリップ

大自然と日本庭園が一体化 どの一点・どの方向を見ても調和が取れて

「名勝 六義園」の石柱

新緑がまぶしいばかりの、国指定特別名勝「六義園」に初めて行ってきました。

茶室・宜春亭

入って左手奥には茶室・宜春亭が

園内に足を一歩踏み入れたところから、名勝たるゆえん、歴史が感じられるたたずまい。

中の島の妹山・背山を望んで

中の島にある妹山・背山は、イザナギ・イザナミにちなんでいる

自然の景観と粋が尽くされた古来の日本庭園の美しさが融合し、広い庭園内のどの一箇所、どの方向を見ても、調和が取れ絵になっているのには驚きます。

裏側にある蛛道(ささがにの道)付近

裏側にある蛛道(ささがにの道)付近。蜘蛛(くも)の糸のように細いことに由来する。衣通姫(そとおりひめ)が和歌に詠んでいる

希少な姿を伝えるツツジ茶屋

希少な姿を伝えるツツジ茶屋

徳川五代将軍綱吉の側用人であった柳沢吉保が、その下屋敷に古今和歌集の六つの和歌に由来する景観を盛り込んだ回遊式築山庭園を作り上げたものが、今に引き継がれているとのこと。

渡月橋を渡ると、藤代峠へ

渡月橋を渡ると、藤代峠へ

rikugien11

ツツジに覆われた藤代峠。頂は「富士山」と呼ばれる

藤代峠からの景観

藤代峠からの景観

歴史の流れとともに荒れてしまっていた庭園は、岩崎弥太郎が購入したのを機に整備され、今日に至っているとのことです。江戸の火災も東京大空襲の被害も免れたのです。

吹上茶屋脇のツツジ

吹上茶屋の脇、咲き始めの多種類のツツジには、それぞれの名札が

吹上茶屋ではお抹茶とお菓子もいただけます

吹上茶屋ではお抹茶とお菓子もいただけます

都心の一角とは思えないような、外界の喧騒とは一線を画した大自然の中の大名庭園に、江戸時代の大名屋敷にタイムスリップして飛び込んだかのよう。何組も出会った外国人観光客たちも風光明媚な庭園とともにその空気を味わっているかのようでした。

滝見茶屋付近

滝見茶屋付近

ニシキゴイ

追記

六義園 人形焼

六義園 人形焼。園内には休憩所兼売店もあります

吹上茶屋付近にいたネコ

吹上茶屋付近にいたネコちゃん。呼んだら振り向いてくれました

駒込駅からの沿道には、ちょっとおしゃれなお店も軒を連ねていました

 

Share