タンポポは偉い! 不思議な生態と強い生命力 食べておいしく、数々の効能も

早春のタンポポはやわらかくクセもなくおいしい レシピも豊富に
タンポポの日本名の由来は、花を鼓に見立てて「タン・ポン・ポン」と真似たというのが有力だそう。英語ではダンデライオンーーフランス語由来で葉のギザギザがライオンの歯に似ているところから来ている

タンポポの日本名の由来は、花を鼓に見立てて「タン・ポン・ポン」と真似たというのが有力だそう。英語ではダンデライオン–フランス語由来で葉のギザギザがライオンの歯に似ているところから来ている

イギリス出身で京都大原で手作りの暮らしをしているハーブ研究家のベニシア・スタンレー・スミスさんを紹介したNHKのテレビ番組「猫のしっぽ カエルの手」。その中で、ヨーロッパではタンポポを栽培してよくサラダで食べているという情報を得てから、裏の菜園に生えてくるタンポポをなるべく残すようにしてきました。

早春のタンポポは--最初はまだ茎も短い

早春のタンポポ–最初はまだ茎も短い

生命力の強いタンポポは、種で増えるほか、抜いてしまっても、根の一部が地中に残っていれば、また発芽してくるのですが。

早春、スミレやホトケノザなどと一緒に次々と花を咲かせ、ギザギザの葉をふんわりと生い茂らせてきたタンポポをサラダにしていただくことに。

ベニシアさんのサラダはベーコンなどと合わせていましたが、花も一緒にツナ缶とポン酢であえてみました。早春のタンポポはとてもやわらかくて苦みやクセもほとんどなく、おいしくいただけました。

タンポポとツナ缶のサラダ

タンポポとツナ缶のサラダ

卵やトマトを添えてもよく合います。

レシピを検索してみると、実にたくさん。クックパッドにも葉や花を使ったさまざまなものが掲載されています。いろいろ試してみたいものです。

ほんのり菊花茶のような味と香り。ルティンが豊富なタンポポティーは眼にも良さそう

ほんのり菊花茶のような味と香り。ルティンが豊富なタンポポティーは眼にも良さそう

さまざまな健康促進効果も

わずかに感じるほろ苦さには、冬季凍りついていた地面から発芽した植物のデトックス作用もあるのでは? 調べてみると、数々の栄養成分や効能が発見・報告されているようです。

葉にはカリウムが豊富に含まれ、むくみ改善や筋肉の弛緩調整、神経細胞の刺激伝達に有効。葉と根に含まれる苦味成分・タラキサシンは消化促進・肝機能強化に効果的。花には視力低下や眼病予防に効果のあるルティンが含まれているそうです。根には注目のイヌリンも含まれているようです。

花にも葉にも根にもさまざまな健康促進効果が見つかっている

花にも葉にも根にもさまざまな健康促進効果が見つかっている

根を使ったタンポポコーヒーは、ノンカフェイン飲料でさまざまな効能があることでよく知られています。

多食をしない方がいいという記載もありますが、ほろ苦さがセーブしてくれて、たまに楽しみに食卓にのせて楽しむのがいいでしょう。妊婦や授乳中の人は摂取しないこと、病気のある人は医師と相談して、また生の茎を子供が食べると中毒を起こすことがあるとの注意書きがありました。

タンポポの不思議

4月下旬、菜園のタンポポの不思議な現象に気がつきました。花が咲き終わったタンポポは、おなじみ、あの丸いふわふわの綿毛になって種を飛ばしていくのですが、その前に植物にして不思議な動きをするのです。

受粉を終えたタンポポはなぜか皆横たわる

受粉を終えたタンポポはなぜか皆横たわる

花の咲き始めは地面すれすれで茎がほとんどなかったタンポポが、咲き続けるうちまっすぐにぐんぐん茎を伸ばしていきます。やがて受粉を終えたタンポポは種を熟させるために一旦しぼみ、ロゼット状の葉の周辺に横たわるのです。

それから、時を経て、再びまっすぐに起き上がり、しぼんでいた花房を開き球形の綿毛を付けます。それから風に乗って、パラシュートのように飛んでいくのです。

時期が来るとまっすぐに起き上がって綿毛に

時期が来るとまっすぐに起き上がって綿毛に

この不思議な現象。植物ホルモンのオーキシンが関わっているということはわかっているものの、詳しいことはまだ解明はされていないのだそうです。

しかし、茎を伸ばしたタンポポは折られるのを防ぐため、綿毛の旅立ちの時を迎えるまで横になって熟成をしているのでは、と考えられているそうです。小さな植物にして賢いメカニズムを編み出し体内に秘めているものです!

まっすぐに立ち上がって風を待ち受ける綿毛

まっすぐに立ち上がって風を待ち受ける綿毛

カワラヒワが好んで食べるタンポポの種

5月、タンポポのところで何かをついばむウグイスのようなかわいい野鳥を発見。翼の先端が黒っぽく、畳んだ背中にハート形が見えます。

EOS X7の望遠レンズがその姿をしっかりとらえてくれました! 調べてみると、カワラヒワでした! よく見られる野鳥のようですが、EOS X7で撮るまで気がつきませんでした。

望遠ですと、肉眼で見られない詳細までをしっかりとらえることができます。タンポポの種をついばんでいます。カワラヒワはさまざまな種子や樹木の種を好んで食べるという食性があるようです。

菜園に来たカワラヒワ。タンポポの種をついばんでいる

菜園に来たカワラヒワ。タンポポの種をついばんでいる

それから毎日菜園を見ていると、日々やってきてはタンポポの種を食べているのが観察できています。

野鳥にもご馳走なタンポポ。強い生命力と繁殖力で人や野鳥の生命維持にも貢献とは。あっぱれな植物です。

以下、参照させていただきました。

一般社団法人 日本植物生理学会 みんなのひろば 植物Q&A

バードリサーチ 身近な鳥図鑑

 

 

Share