Canon「単焦点広角レンズ EF-S24mm」と「EF-S18-55mm」の撮影画像を比較

Canon X7に単焦点レンズ「EF-S24mm」を装着するととてもコンパクトで軽量、使い回し抜群のカメラに

Canon X7に単焦点レンズ「EF-S24mm」を装着するととてもコンパクトで軽量、使い回し抜群のカメラに

「単焦点広角レンズ EF-S24mm」を購入

「Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm付属 KISSX7-WKIT」を今年3月に購入して使用してきました。

購入時調べていて知ったのが、追加すると便利だという「パンケーキレンズ」–「単焦点広角レンズ EF-S24mm F2.8 STM APS-C対応 EF-S2428STM」。特異な写真が撮れるという単焦点レンズがお手頃価格だというのも魅力です。

「Canon レンズフード ES-52」「Canon カメラ用保護フィルター 58mm」も同時購入。

これらを入手して使用。また、ダブルズームキットの「EF-S18-55mm」レンズと撮影画像を比較してみました。

コンパクトで軽量、手軽に使え携帯に便利

小さな箱に入り、厳重に梱包して到着したパンケーキレンズ。フィルターも58mmと小さく、レンズフードも驚くほど薄くてコンパクト。この形状で光の映り込みを防止するなど、機能的には問題ないそうです。

Canon 単焦点レンズ EF-S24mm。レンズフィルターとレンズフードも装着

Canon 単焦点レンズ EF-S24mm。レンズフィルターとレンズフードも装着

フィルターとレンズフードを装着してもとてもコンパクトで軽量。家の周りで、外出先や旅先に携帯してと、軽量で便利そうです。

ワイドで明るくボカしもきれいな単焦点広角レンズ EF-S24mm

さて、肝心な撮影画像の方はいかがでしょうか? 「EF-S18-55mm」と比較してみます。

それぞれ上または左側が単焦点広角レンズ 「EF-S24mm」、下がダブルズームレンズキット付属「EF-S18-55mm」です。

公園の階段と空。同じ位置から撮影。

焦点距離:24 F値:11  露出時間:1/160

焦点距離:24 F値:11
 露出時間:1/160

焦点距離:38 F値:11  露出時間:1/200

焦点距離:38 F値:11
 露出時間:1/200

「EF-S24mm」の方が広角なので写っている階段の段数が多いです。最も大きな違いは階段の向こうに見える空。「EF-S24mm」の方が空のブルーが濃く、雲もはっきりと映し出されています。

次はガクアジサイ。

焦点距離:24 F値:4  露出時間:1/500

焦点距離:24 F値:4
 露出時間:1/500

焦点距離:40 F値:5  露出時間:1/250

焦点距離:40 F値:5
 露出時間:1/250

「EF-S24mm」の方がアジサイのブルーが濃くはっきりとしています。また背景のボカしがきれいです。

続いては芝生の中のネジバナ(モジズリ)。

焦点距離:24 F値7.1  露出時間:1/100

焦点距離:24 F値7.1
 露出時間:1/100

焦点距離46 F値8  露出時間:1/160

焦点距離46 F値8
 露出時間:1/160

ネジバナのピンクの色の鮮明さと背景の芝生のボケ具合いずれも「EF-S24mm」に軍配が上がります。「EF-S24mm」の方がワイドです。

最後にプランターのペチュニア。

焦点距離24 F値3.5  露出時間:1/320

焦点距離24 F値3.5
 露出時間:1/320

焦点距離44 F値5  露出時間:1/640

焦点距離44 F値5
 露出時間:1/640

「EF-S24mm」の方が広角ですので、写っている範囲が広くなっています。ペチュニアの色彩が「EF-S24mm」の方が濃くはっきりとしてきれいです。

こうして比較してみて、「EF-S24mm」の良さが確認できました。

ズームが効かないので、被写体に近づけないときは「EF-S18-55mm」、また「EF-S55-250mm」が欠かせません。それぞれの持ち味を生かして撮影していきたいと思います。また、単焦点広角レンズ EF-S24mm ならではの作品を生み出してみたいものです。

以下、ご参考にどうぞ。(Amazonで見る)⬇️

 

Share