【今日の写真】白いレースのようなニンジンの花 レンズを通すとなお美しく

取り残していた小さなニンジンがとう立ちしてきれいな花を咲かせて

取り残していた小さなニンジンがとう立ちしてきれいな花を咲かせて

ジューンブライドのブーケに加えてもよいような

菜園に面した道路脇のフェンス沿いにスイートピーを植え、5月中次々に咲く花を楽しめたのですが、5月も終わりになると花が終わり、種を付けたので、一部の種を採取し枯れかけた木の枝を根元から刈り取りました。

すると、スイートピーがおおいかぶさるように広がっていた地面から可憐な白い花が出現。

昨年、確か夏場近くに植えたニンジンを秋から冬に収穫した残りの小さなニンジンがまだあったようで、とう立ちして花が咲いていたのです。

丸い小さな傘状の花の束が放射状になって手まりのように

丸い小さな傘状の花の束が放射状になって手まりのように

セリ科のニンジンはミツバやパセリなどと同じような傘型の花をつけたのですが、これまでニンジンの花を見たことがあったでしょうか。

真っ白な小さな花が傘状になり、それが何十個も茎から放射状に付いて手まりのようになっています。細かいおしべの先が全体をおおうベールのよう。

とてもきれいなので、EOS X7「単焦点広角レンズ EF-S24mm」を装着、焦点距離優先モードで撮ってみました。

ぼかしが利いてなかなかいい雰囲気の写真が撮れました。

また、それをズームアップしてみると、白いレースのような細かい花の形が見えてきました。一輪一輪が白梅の花のように5つの丸い花びらと長いおしべを持っています。

ジューンブライドのブーケに加えたらよさそうな美しさです。

拡大すると繊細なレースのよう。微細な白梅が無限に連なっているようにも

拡大すると繊細なレースのよう。微細な白梅が無限に連なっているようにも

店頭に当たり前のように並んでいるニンジン。好き嫌いがある野菜として取り上げられることもあるのですが、乾燥に弱くて発芽率が低く、育てるのは大変。とても苦労しました。

二度目にまいた種が乾燥しないように気を配り、ようやく収穫にこぎつけたのです。

わずかな収穫でしたが、葉っぱもおいしく食べられて、ニンジンそのものも新鮮で甘くてクセもなく、格別でした。

農家の苦労もわかった気がして、お店のニンジンもまたありがたく思えました。

花は素揚げで食べられるという情報も目にしました。たくさんあれば試してみるといいでしょう。

まいたのは一代交配の種かもしれませんが、実るでしょうか? 種を取るのも、剪定から始まりさまざま手をかけなければいけないようです。

Share