【今日の写真】夕暮れ時 川辺の風景

水面が鏡のように緑を映し込んでいる

水面が鏡のように緑を映し込んでいる

それぞれのシーンから被写体の雰囲気が伝わって

連日の猛暑ーー外に出て息をつけるのは夕暮れ時。

曇天でほとんど無風状態の蒸し暑い夕刻でしたが、河川敷ならではのシーンが数々撮影できました。

それぞれのシーンから被写体の雰囲気が伝わり、写真の魅力を再発見したことでした。

時間を追ってご紹介。コマ送りするようにご覧ください。

ドクターヘリ出動

被写体を探していると、プロペラ音が。川辺に建つ病院屋上からドクターヘリ出動!

病院屋上からプロペラ音とともに勢いよく出動するドクターヘリ。空の半分以上が薄雲におおわれていましたが、一箇所にだけ光る夏雲があり、離陸と同時にその夏雲の背景にはまりました

病院屋上からプロペラ音とともに勢いよく出動するドクターヘリ。空の半分以上が薄雲におおわれていましたが、一箇所にだけ光る夏雲があり、離陸と同時にヘリはその夏雲の背景にはまりました

どこに遠隔地に出動するのでしょう、緊張が高まります

どこの遠隔地に出動するのでしょう、緊張が高まります

さらに上空へ

さらに上空へ

雲が切れた一角に上昇。救急医療よろしくお願いします!

雲が切れた一角に上昇。救急医療よろしくお願いします!

地域医療を支えてくれている総合病院の一端がつぶさに見えました。

川辺と橋の上を往き交う人や車が面白く風情のある姿で

河川敷では、芝生の縁にヒメジョオンが咲いた道をウォーキングする人が。

上空を見上げればハヤブサと思われる鳥が悠々と飛行。翼の先の形がきれいです。

ハヤブサと思われる鳥がゆったりと

ハヤブサと思われる鳥がゆったりと

橋に目をやると、自転車や車が往き交い、富士山は見えませんが、南側の青い山並みと空を背景にその瞬間ごとの面白い風景が撮れました。

家路に就く人や自転車が往き交います

家路に就く人や自転車が往き交います

赤い車を待っていたら、オレンジ色の車が通ってくれました

赤い車を待っていたら、オレンジ色の車が通ってくれました

橋桁の向こうを電車が通ります

橋桁の向こうを電車が通ります

通勤・通学帰りの人を乗せたバスも通ります

通勤・通学帰りの人を乗せたバスも通ります

トラックも行きます

トラックも行きます

待っていた赤い車がようやく来てくれました

待っていた赤い車がようやく来てくれました

川向こうをジョギングする人がいます。55-250mm望遠で前ボケを利かすとなかなかいい感じのカットになりました。

川向こうにはジョギングおwする人が

川向こうにはジョギングをする人が

夕涼みをしながら自転車の練習をする女の子と見守りのお母さん。自転車の人が通りかかっていま

夕涼みをしながら自転車の練習をする女の子と見守りのお母さん。自転車の人が通りかかっています

自転車を仲良く並べて帰路に就く女子学生たち

自転車を仲良く並べて帰路に就く女子学生たち

こちらに向かってくる犬の散歩、遠くに消えていく散歩の人、橋の上の車が三方向に行き交います

こちらに向かってくる犬の散歩の人たち、遠くに消えていく散歩の人、橋の上の車が三方向に行き交います

河川敷の自転車と橋の上の車と自転車が交差

河川敷の自転車と橋の上の車と自転車が交差

風情あふれた夕暮れの川辺はいつまでも去りがたく
川辺をハグロトンボが飛び交っています

川辺をハグロトンボが飛び交っています

1匹は水面にそっくり映り込んでいます

1匹は水面にそっくり映り込んでいます

3匹そろって留まっています。ここで夜を迎えるのでしょうか

3匹そろって留まっています。ここで夜を迎えるのでしょうか

河川敷の吉原にすんなりとした薄茶色の野鳥が。初めて見る鳥で、調べてみたところタヒバリのようです。

川床の吉原に来たタヒバリ

川床の吉原に来たこの子はタヒバリのようです

「川辺の宝石」カワセミも2羽川の流れに沿って矢のように飛んでいくのを目撃しましたが、うまくとらえられませんでした。今度はぜひとらえてみたいものです。カワセミは甲府の鳥でもあります。

待っていた特急あずさ号が通りました! ブルーの山並みと緑の河原の風景によく映えます。

特急あずさ号が通りました。ブルーの山と河原の緑によく映えます

特急あずさ号が通りました。ブルーの山と河原の緑によく映えます

川面にあずさの車体のパステルカラーが映り込んでいます

川面にあずさの車体のパステルカラーが映り込んでいます

思い立って来た川辺でしたが、情緒いっぱい。いつまでも去りがたい感じでした。

Share