【今日の写真】7月の庭の花ーー明るく際立ち、時に涼を誘って

アジサイに入れ替わるように咲くヤブカンゾウ

アジサイに入れ替わるように咲くヤブカンゾウ

アジサイに入れ替わるように咲くヤブカンゾウ

湿度が高いため、場合によって8月に増し体感温度が高く感じられる7月。

庭先には梅雨の名残のある中でアジサイと入れ替わるように色鮮やかなヤブカンゾウが開花。

山野で群生しているのがよく見かけられ、春先の若葉は山菜になり、湯がいて酢味噌などで食されます。

ワスレグサの一種のヤブカンゾウは食用にもなり漢方にも用いられる

ワスレグサの一種のヤブカンゾウは食用にもなり漢方にも用いられる

中国原産で、花のつぼみも食用になり、中華料理ではドライにして保存したものは戻してスープにも。

ススキノキ科キスゲ亜目のワスレグサ属ワスレグサの一種で、中国では「萱草」または「金針」「忘憂草」とも呼ばれ漢方の「甘草」とは異なります。

ワスレグサとは、花が一日で終わると考えられるためだそうで、英語ではDaylily。

実は付けず、ランナーで広がります。

とりどりの色の日本アサガオに西洋アサガオのヘブンリーブルーが開花

夏野菜の植え付けと同時期、5月初旬に種まきしたアサガオが開花。赤・白・紫・ピンクのミックスの種を一昨年まいて、花が終わってから種を取ってきたものに加え、ご近所からいただいた西洋アサガオのヘブンリーブルーと母のデイケアの友人と種の交換をした紫も。

とりどりの色の花の種を取り、今年も開花

とりどりの色の花の種を取り、今年も開花

一番開花が遅いがきれいに思えてたくさん植えたピンク

一番開花が遅いがきれいに思えてたくさん植えたピンク

ご近所からいただいた種から育てた西洋アサガオのヘブンリーブルー

ご近所からいただいた種から育てた西洋アサガオのヘブンリーブルー

花数は少ないですが、涼を誘ってくれ、朝の楽しみです。

ハゼランは線香花火に似て

何かの苗の土にでも混じっていたのでしょう、植えた覚えはないのですが、今年も開花したハゼラン。ハゼランは花の咲く様子が線香花火に似ていることからの命名だそう。ナデシコ目ハゼラン科。種が散ってよく増えます。

線香花火のようなハゼラン

線香花火のようなハゼラン

空を見上げれば、線香花火のような雲が。

見上げればちょうど線香花火のような雲が

見上げればちょうど線香花火のような雲が

昨秋植えて楽しんだチョコレートコスモスは寒さに弱いのですが、軒下で無事越冬して開花してくれました。メキシコ原産で日本には大正時代に渡来したそう。花はチョコレートのような匂いがして、ベルベットのような花もチョコレートを思わせます。

無事越冬して花を咲かせたチョコレートコスモスはチョコレートの香り

無事越冬して花を咲かせたチョコレートコスモスはチョコレートの香り

夏中楽しめるということで入手・植え付けした薄紫のミニサフィニアは期待通り、次々に開花し玄関先を飾ってくれています。

次々花を咲かせるミニサフィニア

次々花を咲かせるミニサフィニア

5月にハンギングタイプのプランターに植えたペチュニアは、切り戻し後、また元気に開花。

あちらこちらの庭先には真夏を彩るノウゼンカズラが目を楽しませてくれています。中国原産で平安時代には渡来していたと考えられるそう。漢方薬にも使われているようです。

切り戻し後また元気に咲くペチュニア

切り戻し後また元気に咲くペチュニア

夏の庭を彩るノウゼンカズラは漢方にも使われる

夏の庭を彩るノウゼンカズラは漢方にも使われる

黄花種もあるノウゼンカズラ

黄花種もあるノウゼンカズラ

いつの季節も庭先を彩る小さな花は目と心を楽しませてくれます。

Share