【今日の写真】五色の旗が掲げられた秋分の日の円光院

五色の旗が掲げられた円光院の本殿

五色の旗が掲げられた円光院の本殿

金木犀のかおりにお香の匂いが混じって

秋のお彼岸の中日、秋分の日に父の眠る円光院に御墓参りに。

武田神社にもほど近い甲府市北東部に位置する円光院は甲府五山の一つで、山梨県指定文化財として、有形文化財・木造刀八毘沙門天及び勝軍地蔵坐像 2軀、史跡・武田晴信三条氏墓を有しています。

山梨県指定文化財・有形文化財の木造刀八毘沙門天及び勝軍地蔵坐像 2軀

山梨県指定文化財・有形文化財の木造刀八毘沙門天及び勝軍地蔵坐像 2軀

この日は、本殿脇に掲げられ、仏教で如来の精神や智慧を5つの色で表したという五色の旗が目を引きました。

本殿脇に掲げられた五色の旗が風にはためく

本殿脇に掲げられた五色の旗が風にはためく

色付き始めた枝垂れ桜と本殿

色付き始めた枝垂れ桜と本殿

一面に白い雲がおおう山々と甲府盆地を一望

一面に白い雲がおおう山々と甲府盆地を一望

境内は咲き始めの金木犀のかおりにお香の匂いが混じり漂っています。

境内にはお香とともに金木犀のかおりが漂って

境内にはお香とともに金木犀のかおりが漂って

カリンの実がふくらんで、色づきを待っていました。

色付きを待つカリンの実

色付きを待つカリンの実

参考

真言密教の五色 Wikipedia 五色(仏教)より引用させていただきました。

 

Share

【今日の写真】地上45階 都庁展望室から一望する東京

左手に新宿パークタワー、中央にオペラシティタワー。手前の緑地は新宿中央公園。EF-S18-55mm f/3.5-5.6 ランドスケープモード

左手に新宿パークタワー、中央にオペラシティタワー。手前の緑地は新宿中央公園。EF-S18-55mm f/3.5-5.6 ランドスケープモード

202メートルの高さから見る首都東京の眺め

新宿副都心に足を向けたついでに、都庁は都政への理解と関心を深める場所として無料で入室できる、展望室に行ってみました。

展望室は南展望室・北展望室の2つがあり、9時30分から23時まで開室。

レストランやカフェも設置されていて、食事やお茶をいただきながら眺望を楽しむこともできます。

南と北で別々の休室日が設けられていますが、年末年始及び都庁舎点検日は両方が休室となっているようです。

第一本庁舎1階の専用エレベーターで一気に展望室へ。

曇天ではありましたが、首都東京と一望でき、さまざまな角度からの風景を撮影できました。

手前左にモード学園コクーンタワー、右は京王プラザホテル。遠方に東京スカイツリーが見える

手前左にモード学園コクーンタワー、右は京王プラザホテル。遠方に東京スカイツリーが見える

はるか彼方までの視界が得られて

はるか彼方までの視界が得られて

左2つ目が新宿三井ビルディング、3つ目が損保ジャパン日本興亜本社ビル、4つ目が新宿センタービル

左2つ目が新宿三井ビルディング、3つ目が損保ジャパン日本興亜本社ビル、4つ目が新宿センタービル

左手の塔はNTTドコモ代々木ビル。EF50mmf/1.8STM ランドスケープモード

左手の塔はNTTドコモ代々木ビル。EF50mmf/1.8STM ランドスケープモード

右手の大きなビルは、セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿

右手の大きなビルは、セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿

外国人観光客も数多く。手近なところで東京を一望でき、良かったです。

また晴天の日に訪れてみたいところです。

Share

【今日の写真】甲府市北西部 初秋の千代田湖の七変化を撮る

深く水をたたえた静かな千代田湖の湖面は青空を映して紺碧に。遠方に秩父多摩甲斐国立公園の景勝地・昇仙峡が見える。EF-S18-55mm f/3.5-5.6 絞り優先 F8

深く水をたたえた静かな千代田湖の湖面は青空を映して紺碧に。遠方に秩父多摩甲斐国立公園の景勝地・昇仙峡が見える。EF-S18-55mm f/3.5-5.6 絞り優先 F8

空と雲を映す青い湖面・秋風によるさざ波の輝き・木の葉の色づきも美しく

葉付きのブドウの形をした山梨県の南北に細長く位置する甲府市。

北部にある秩父多摩甲斐国立公園に属し、同公園を代表する景勝地の昇仙峡と甲府市街の中間地点、その最南部にあるのが千代田湖です。

美しい景観の湖だと聞き、初秋の風情をカメラに収めようと訪ねてきました。

湖面にはボートがずらり。ヘラブナ釣りの名所でボート遊びでも人気

湖面にはボートがずらり。ヘラブナ釣りの名所でボート遊びでも人気

千代田湖は、もともと一級河川・荒川支流の帯那川を灌漑のためにせき止めた人工湖。

その下流に広がる甲府盆地の水田を潤しているそうです。

甲府市街からは車で20分ほど。

急峻な坂道を登り詰めた里山の一角に深い青緑色の水をたたえた湖が出現。

入り口がわかりにくく、近くの交番で聞いてすぐ近く道から入れることを確認できました。

本来灌漑用のため池なのですが、湖畔に車を止めてカメラを構えてみると、水と空と山々などの風景、それに光と風が織りなす美しい景観が、刻一刻と変化していくのです。

青空と雲を映し出した湖面の稀な景観

青空と雲を映し出した湖面の稀な景観

初秋の千代田湖の「七変化」を切り取ることができました。

風が湖面を渡ると波が立ち、陽の光を浴びてキラキラ。色づき始めた桜の葉と釣り人も画面にピタリと収まって

風が湖面を渡ると波が立ち、陽の光を浴びてキラキラ。色づき始めた桜の葉と釣り人も画面にピタリと収まって

風が湖面を渡ると波が立ち、陽の光を浴びてキラキラ。色づき始めた桜の葉と釣り人も画面にピタリと収まって

今度は湖奥のボートの付近に風が吹き、奥一帯が光っている。刻一刻とシーンは変化

今度は湖奥のボートの付近に風が吹き、奥一帯が光っている。刻一刻とシーンは変化

今度は湖奥のボートの付近に風が吹き、奥一帯が光っている。刻一刻とシーンは変化

湖畔のススキも初秋らしさを感じさせてくれて

湖畔のススキも初秋らしさを感じさせてくれて

湖畔のススキも初秋らしさを感じさせてくれて

山々を映す静かな湖面には釣りを楽しむ人が

山々を映す静かな湖面には釣りを楽しむ人が

山々を映す静かな湖面には釣りを楽しむ人が

秋が深まれば、また違った景観が見られることでしょう。また訪れてみたいと思います。

※ PIXTAにて以下画像素材を入手していただけます。

 

34792692

 

(c)Hana画像素材 PIXTA –

 

34792693

 

(c)Hana画像素材 PIXTA –

34792694

(c)Hana画像素材 PIXTA –

34792695

(c)Hana画像素材 PIXTA –

Share

【今日の写真】新宿副都心の核となる東京都庁舎とその周辺

第一本庁舎と都議会議事堂の間の都民広場。数々のアートワークも置かれている。EF-S18-55mm f/3.5-5.6 ランドスケープモード

第一本庁舎と都議会議事堂の間の都民広場。数々のアートワークも置かれている。EF-S18-55mm f/3.5-5.6 ランドスケープモード

丹下健三設計の美しい庁舎と名だたる高層ビルが立ち並ぶ景観

西新宿の東京副都心に足を向けた機会に、丹下健三設計で東京のシンボルともなっている東京都庁舎と周辺の高層ビルの林立する美しい景観を撮ってみました。

第一本庁舎

第一本庁舎と掛井五郎作のアートワーク「風の中」

第一本庁舎と掛井五郎作のアートワーク「風の中」

建物の周囲を巡る回廊は欧米のダイナミックな建造物の雰囲気

建物の周囲を巡る回廊は欧米のダイナミックな建造物の雰囲気

外交人観光客も行き交う都民広場

外国人観光客も行き交う都民広場

外国人観光客も行き交う都民広場

池田宗弘作のアートワーク「アダムとエヴァ」

池田宗弘作のアートワーク「アダムとエヴァ」

背後に隣接した京王プラザホテル

背後に隣接した京王プラザホテル

第一本庁舎と京王プラザホテル・新宿三井ビル

第一本庁舎と京王プラザホテル・新宿三井ビル

美しい高層ビルが立ち並ぶ新宿副都心

左手にハイアットリージェンシー東京

左手にハイアットリージェンシー東京

街路樹の隙間から見る都議会議事堂と京王プラザホテル

街路樹の隙間から見る都議会議事堂と京王プラザホテル

ハイアットリージェンシー東京と井上武吉作のアートワーク「my sky hole 91 Tokyo」

ハイアットリージェンシー東京と井上武吉作のアートワーク「my sky hole 91 Tokyo」

都庁付近から見る超高層ビル群

都庁付近から見る超高層ビル群

新宿西口へと通じる地下通路入り口付近の緑豊かで広い歩道

新宿西口へと通じる地下通路入り口付近の緑豊かで広い歩道

機会があればまたお天気の良い日に訪れてみたいと思います。

Share

【今日の写真】収穫の時を迎えた甲斐市・亀沢御領棚田

稲刈りの時期を迎えた甲斐市亀沢御領棚田。EF-S18-55mm f/3.5-5.6 ランドスケープモード

稲刈りの時期を迎えた甲斐市亀沢御領棚田。EF-S18-55mm f/3.5-5.6 ランドスケープモード

昔ながらのはざ掛けによる稲の天日干しが行われて

「NPO法人・敷島棚田等農耕文化保存会」が中心になって整備を行い守られている、甲斐市亀沢御領棚田。

6月の田植えがほぼ終わった時期と、8月、稲穂が顔を出す時期に足を向け、すの美しい景観を撮影してきましたが、いよいよ収穫の時期なのではと行ってみました。

予想した通り、棚田の半分以上が稲刈りを終えていて、昔ながらのはざ掛けがされた田んぼが続くシーンが見られ、感激でした。

眼下に甲府盆地を望む甲斐市亀沢御領棚田。昔ながらのはざ掛けによる天日干しが行われている

眼下に甲府盆地を望む甲斐市亀沢御領棚田。昔ながらのはざ掛けによる天日干しが行われている

天日干しできっとおいしいお米が収穫されていることでしょう。

はざ掛けを終えた田んぼとまだ緑の田んぼのコントラストも美しい

はざ掛けを終えた田んぼとまだ緑の田んぼのコントラストも美しい

はざ掛けを終えた田んぼ。昔懐かしい風景がここに

はざ掛けを終えた田んぼ。昔懐かしい風景がここに

あぜ道のススキも秋の陽に光り、季節感をよりかもし出していました。

あぜ道のススキも秋の風情たっぷり

あぜ道のススキも秋の風情たっぷり

 

Share

【今日の写真】コスモス祭り間近の昭和記念公園

イエローコスモス「レモンブライト」一色に彩られた昭和記念公園・みんなの原っぱ。EF50mmf/1.8STM 絞り優先 F3.2

イエローコスモス「レモンブライト」一色に彩られた昭和記念公園・みんなの原っぱ。EF50mmf/1.8STM 絞り優先 F3.2

レモンイエローのコスモスに彩られたみんなの原っぱ

台風接近で翌日は雨という予報のもと、夕刻まで少し時間ができたので、曇天ではありましたが、国営昭和記念公園にコスモスの写真を撮りに行ってきました。

EF50mmf/1.8STM 絞り優先 F1.8

EF50mmf/1.8STM 絞り優先 F1.8

昭和記念公園では、毎年この時期、みんなの原っぱなどの広大なガーデンエリア一面にコスモスが花開き、訪れた人を楽しませてくれます。

西立川口に到着すると、みんなの原っぱ・東花畑へまっしぐら。

165ha余りの園内、ゲートからみんなの原っぱまでは20分ほどかかります。

ようやくみんなの原っぱが見えてきて、視界に飛び込んできたのは、ピンクや白、またオレンジなどのこれまでのコスモスではなく、レモンイエロー一色。

後で調べたところ、キバナコスモス「レモンブライト」でした。

これからコスモス祭りのようですが、花はもう満開に。咲き終わった花もちらほら。

EFS50-250mm f/4.6-6 ISII望遠 絞り優先 F5.6

EFS50-250mm f/4.6-6 ISII望遠 絞り優先 F5.6

それでも珍しいさわやかな黄色の雲におおわれたような原っぱの風景は、季節感たっぷりで晴れやかな気持ちにしてくれます。

多くの方たちが「きれいね〜」と感嘆の声を上げているのが聞こえてきました。

EFS50-250mm f/4.6-6 ISII望遠と入手して間もないEF50mmf/1.8STM単焦点で、キバナコスモス「レモンブライト」のさまざまな表情を撮ってみました。

EFS50-250mm f/4.6-6 ISII望遠 絞り優先 F5.6

EFS50-250mm f/4.6-6 ISII望遠 絞り優先 F5.6

EFS50-250mm f/4.6-6 ISII望遠 絞り優先 F6.3

EFS50-250mm f/4.6-6 ISII望遠 絞り優先 F6.3

EF50mmf/1.8STM 絞り優先 F4.5

EF50mmf/1.8STM 絞り優先 F4.5

シンボルツリーの大きなケヤキの木があるみんなの原っぱ。夕刻まで大勢の人でにぎわっていました。EF50mmf/1.8STM 絞り優先 F7.1

シンボルツリーの大きなケヤキの木があるみんなの原っぱ。夕刻まで大勢の人でにぎわっていました。EF50mmf/1.8STM 絞り優先 F7.1

そのほかのエリアも初秋の風情で

限られた時間でコスモスの撮影をして、閉門までに立川口へ。

復路、初秋の風情を漂わせるシーンをカメラに収めました。

色付き始めた桜の木と風にそよぐススキ。EF50mmf/1.8STM 絞り優先 F5.6

色付き始めた桜の木と風にそよぐススキ。EF50mmf/1.8STM 絞り優先 F5.6

色付き始めた桜の木と風にそよぐススキ。EF50mmf/1.8STM 絞り優先 F5.6

ハーブ園入り口のペンタス。EF50mmf/1.8STM 絞り優先 F5.6

ハーブ園入り口のペンタス。EF50mmf/1.8STM 絞り優先 F5.6

ハーブ園入り口のペンタス。EF50mmf/1.8STM 絞り優先 F5.6

大きな松ボックリを付けたヒマラヤスギ。EF50mmf/1.8STM 絞り優先 F5.6

大きな松ボックリを付けたヒマラヤスギ。EF50mmf/1.8STM 絞り優先 F5.6

大きな松ボックリを付けたヒマラヤスギ。EF50mmf/1.8STM 絞り優先 F5.6

イチョウ並木もわずかに色付き始めたカナール。EF50mmf/1.8STM ランドスケープモード

イチョウ並木もわずかに色付き始めたカナール。EF50mmf/1.8STM ランドスケープモード

イチョウ並木もわずかに色付き始めたカナール。EF50mmf/1.8STM ランドスケープモード

カナール周辺の花壇。EF50mmf/1.8STM マクロモード

カナール周辺の花壇。EF50mmf/1.8STM マクロモード

カナール周辺の花壇。EF50mmf/1.8STM マクロモード

外周近く 残照の中のルドベキアEF50mmf/1.8STM ランドスケープモード

外周近く 残照の中のルドベキアEF50mmf/1.8STM ランドスケープモード

外周近く 残照の中のルドベキアEF50mmf/1.8STM ランドスケープモード

できれば10月にまた訪れてみたい昭和記念公園でした。

Share

【今日の写真】甲府市貢川遊歩道・芸術の小径で出会った子猫たち

甲府市貢川遊歩道・芸術の小径。美術作品の足元に愛らしい子ネコが

甲府市貢川遊歩道・芸術の小径。美術作品の足元に愛らしい子ネコが

かわいい仕草で道ゆく人たちを魅了

行けば必ず新たな出会いがある貢川遊歩道、愛称「芸術の小径」。

秋の風情漂う遊歩道で、この度はかわいい子ネコたちに出会えました。

鉄製の美術作品と子ネコ、背後のキバナコスモスがいい調和!

鉄製の美術作品と子ネコ、背後のキバナコスモスがいい調和!

遊歩道沿いに置かれた美術作品の足元で遊んだりくつろいだり。

失礼して毛づくろい!

失礼して毛づくろい!

起き上がって耳を立てて遠方を注視

起き上がって耳を立てて遠方を注視

またその間の植え込みの間を自由に飛び回ったり。

今度は植え込みの間へ

今度は植え込みの間へ

一瞬をアップで

一瞬をアップで

はたまた川縁の斜面の草むらの中に飛び込んで冒険して戻ってきたり。

自由自在で何でも子供は皆かわいいものですが、子ネコの愛らしさはまた格別。

静止しているいとまがなく動き回り、なかなか撮りにくかったですが、その姿を追って切り取ってみました。

自転車を降りて、「フェンスの向こうの土手に降りていった別の子ネコを観察中の女性に近づいて−−。

自転車を降りて、「フェンスの向こうの土手に降りていった別の子ネコを観察中の女性に近づいて

自転車を降りて、「フェンスの向こうの土手に降りていった別の子ネコを観察中の女性に近づいて

ごろりと道に転がってお腹を見せる仕草も。

ごろりと道に転がってお腹を見せる仕草も。

ごろりと道に転がってお腹を見せる仕草も

別の子ネコが歩いてきます。

フェンス沿いを別の子ネコが歩いてきます

フェンス沿いを別の子ネコが歩いてきます

ネコジャラシの脇を歩く子ネコ

ネコジャラシの脇を歩く子ネコ

きょうだいなのでしょう。別の美術作品を舞台にしばらくじゃれあいを。

美術作品を舞台に2匹でじゃれあいを。左上に最初の子ネコの足が見えます

美術作品を舞台に2匹でじゃれあいを。左上に最初の子ネコの足が見えます

今度は作品の上でススキの穂にタックルを。

美術作品の上でススキの穂にじゃれる子ネコ

美術作品の上でススキの穂にじゃれる子ネコ

とげのありそうな木にも登っちゃいます!

木登りした子ネコ

木登りした子ネコ

おしまいは2匹でじゃれあいながら遊歩道から民家へとつながる階段を駆け下りていきました。

また会いにくるからね! 元気な姿を楽しみにしているよ!

Share

【今日の写真】雨の金剛寺・高幡不動尊

雨のシーンを撮ろうと足を向けた高幡不動尊は、月例写経会で静かなにぎわいを見せていました

雨のシーンを撮ろうと足を向けた高幡不動尊は、月例写経会で静かなにぎわいを見せていました

月例写経会で行き交う人 雨に打たれる萩にも風情があり

「お不動さん」と地域の人々に親しまれている、日野市高幡にある金剛寺・高幡不動尊は、弘法大師空海を始祖とした真言宗智山派の寺院で関東三大不動の一つ。

由緒ある建造物や文化財・歌碑などを配して四季折々の花が咲き整えられた境内は、さまざまな月例行事などで足を向けた人々で、常ににぎわいを見せています。

台風の影響による雨の週末、雨のシーンを撮ろうと向かった高幡不動尊は、「月例写経会」で傘をさした人が参拝し、境内を行き交います。

重要文化財の仁王門から不動堂に向かって

重要文化財の仁王門から不動堂に向かって

新撰組副長・土方歳三の菩提寺でもある高幡不動尊。土方歳三像や新撰組両雄の碑にも雨が降り注いで。EF-S18-55mm f/3.5-5.6 シャター優先 f6.3 1/128秒 ISO 1000。雨で画面全体が白っぽく、両雄の碑を背景に雨が映っています

新撰組副長・土方歳三の菩提寺でもある高幡不動尊。土方歳三像や新撰組両雄の碑にも雨が降り注いで。EF-S18-55mm f/3.5-5.6 シャター優先 f6.3 1/128秒 ISO 1000。雨で画面全体が白っぽく、両雄の碑を背景に雨が映っています

新撰組副長・土方歳三の菩提寺でもある高幡不動尊。土方歳三像や新撰組両雄の碑にも雨が降り注いで。EF-S18-55mm f/3.5-5.6 シャター優先 f6.3 1/128秒 ISO 1000。雨で画面全体が白っぽく、両雄の碑を背景に雨が映っています

奥殿脇には紅白のしだれ萩が雨しずくで光っています。

奥殿脇のしだれ萩

奥殿脇のしだれ萩

境内奥に向かって。「納経所」の案内が見える

境内奥に向かって。「納経所」の案内が見える

大日堂に向かって。雨のしずくのしだれ萩を前ボケにしてみました

大日堂に向かって。雨のしずくのしだれ萩を前ボケにしてみました

紅白のしだれ萩の雨粒が白く光る

紅白のしだれ萩の雨粒が白く光る

雨の中を時折、奥に向かう人が

雨の中を時折、奥に向かう人が

所どころに咲いた彼岸花も境内を彩ります。

アジサイの株元に咲いた一輪のヒガンバナ

アジサイの株元に咲いた一輪のヒガンバナ

雨しずくをためた松の枝

雨しずくをためた松の枝

雨の降りしきる中、境内入り口の方で元気な掛け声が上がったので見ると、秋祭りのお神輿を担いだ人たちが。

威勢のいい掛け声とともに祭り神輿を担いだ人たちが

威勢のいい掛け声とともに祭り神輿を担いだ人たちが

雨をものともせず、みなさんいい表情で

雨をものともせず、みなさんいい表情で

雨でも予定通りにお祭りをするのですね! お神輿を担ぐ人たちが皆いい表情をしていらっしゃるのが印象的でした。

Share

雨が糸状に映るカメラの設定条件を解明

雨の高幡不動尊 仁王門 EF-S18-55mm f/3.5-5.6 シャター優先 f/4.5 1/128秒 ISO 1250

雨の高幡不動尊 仁王門 EF-S18-55mm f/3.5-5.6 シャター優先 f/4.5 1/128秒 ISO 1250

シャッタースピードに加えISO感度を高めることが条件

本ブログ2017年8月19日記事「雨が糸状に映るシャッタースピードを究明」にてシャッタースピード1/128秒前後が良いとの結論を出していました。

しかし、もっと雨をしっかりと映し出せる条件があるのではないかと思っており、台風接近の雨の機に日野市高幡の高幡不動尊へ。

お堂などの黒っぽい背景に雨がよく映るカットが取れるかもしれないと思ったのです。

シャッター優先でシャッタースピードは1/128秒にセット。

あれこれ設定を変えるのですがうまくいきません。

ふと、ISO感度をオートにしたところ、仁王門を背景に雨が急にきれいに映ったのです。

EF-S18-55mm f/3.5-5.6 シャター優先 f/6.3 1/128秒 ISO 2000

ISO感度オートにしたところ、急にきれいに雨が映し出されました! EF-S18-55mm f/3.5-5.6 シャター優先 f/6.3 1/128秒 ISO 2000

後で確認してみたところ、暗い背景でISO感度が高くなり、雨がきれいに映し出されたと判明。

ISO感度オート設定だと、背景が一部暗いだけなどと変化すると、ISO感度が低くなってしまうため、また雨の映り具合が悪くなってしまいます。

不動堂に向かって ISO感度オート設定で雨の背景全体が暗くない場合はISO感度が下がり雨の映りが悪くなる。EF-S18-55mm f/3.5-5.6 シャター優先 f5.6 1/128秒 ISO 800

不動堂に向かって ISO感度オート設定で雨の背景全体が暗くない場合はISO感度が下がり雨の映りが悪くなる。EF-S18-55mm f/3.5-5.6 シャター優先 f5.6 1/128秒 ISO 800

不動堂から仁王門に向かって EF-S18-55mm f/3.5-5.6 シャター優先 f5.6 1/128秒 ISO 1000

不動堂から仁王門に向かって EF-S18-55mm f/3.5-5.6 シャター優先 f5.6 1/128秒 ISO 1000

大日堂 EF-S18-55mm f/3.5-5.6 シャター優先 f5.6 1/128秒 ISO 2500

大日堂 EF-S18-55mm f/3.5-5.6 シャター優先 f5.6 1/128秒 ISO 2500

五重の塔 EF-S18-55mm f/3.5-5.6 絞り優先 f5 1/80秒 ISO 320

五重の塔 EF-S18-55mm f/3.5-5.6 絞り優先 f5 1/80秒 ISO 320

ISO感度をオートではなく、高く設定することで、雨を糸状にきれいに映し出すことができそうだと確認できました!

胸のつかえがおりた気分。何か雨の映る味わいある写真を撮ってみたいと思います。

Share

【今日の写真】Canon 単焦点レンズ 「EF50mm F1.8 STM」にて試し撮り

山梨県立美術館と夕日に透けるカエデとサルスベリ 絞り優先 f/4 1/330秒 ISO100 右手にあるのはケンタウルスの像 

山梨県立美術館と夕日に透けるカエデとサルスベリ 絞り優先 f/4 1/330秒 ISO100 右手にあるのはケンタウルスの像

山梨県芸術の森公園にて絞り優先でさまざまなカットを撮影
Canon 単焦点レンズEF50mm F1.8 STM フルサイズ対応

Canon 単焦点レンズEF50mm F1.8 STM フルサイズ対応

ボケ味が美しいと評判の高い、Canon 単焦点レンズ 「EF50mm F1.8 STM」を入手したので、さっそく、山梨県芸術の森公園にてさまざまなカットを撮影してみました。

単焦点レンズというとマクロ撮影というイメージがありますが、風景でもポートレートでもOK。すべてのモードで撮影可能です。

<サルスベリとカエデ>

手前のサルスペリにピントを合わせています。後ろのサルスベリのボケ具合に大きな差があります。

EF50mm F1.8 絞り優先 f/4 1/256秒

サルスベリとカエデ EF50mm F1.8 絞り優先 f/4 1/256秒 ISO 100

サルスベリとカエデ EF50mm F1.8 絞り優先 f/4 1/256秒 ISO 100

EF50mm F1.8 絞り優先 f/1.8 1/1327秒 ISO 100

サルスベリとカエデ EF50mm F1.8 絞り優先 f/1.8 1/1327秒 ISO 100

サルスベリとカエデ EF50mm F1.8 絞り優先 f/1.8 1/1327秒 ISO 100

<山梨県立文学館>

手前の樹木にピントを合わせています。文学館ほか背景のボケ具合に差があります。

EF50mm F3.58 絞り優先 f/1.8 1/1327秒 ISO 100

山梨県立文学館 EF50mm F3.58 絞り優先 f/1.8 1/1327秒

山梨県立文学館 EF50mm F3.58 絞り優先 f/1.8 1/1327秒 ISO 100

EF50mm F3.58 絞り優先 f/1.8 1/4096秒 ISO 100

山梨県立文学館 EF50mm F3.58 絞り優先 f/1.8 1/4096秒 ISO 100

山梨県立文学館 EF50mm F3.58 絞り優先 f/1.8 1/4096秒 ISO 100

<さんさん広場>

富士山ビューポイントから富士山を望む。コントラストが強く、これまで肉眼と同じような富士山を撮影できていなかったのですが、今回、EF50mmで富士山にピントを合わせ、肉眼と同じような富士山を撮影できました。

EF50mm F3.58 絞り優先 f/1.8 1/4096秒 ISO 100

さんさん広場 富士山ビューポイントから富士山を望む EF50mm F3.58 絞り優先 f/1.8 1/4096秒 ISO 100

さんさん広場 富士山ビューポイントから富士山を望む EF50mm F3.58 絞り優先 f/1.8 1/4096秒 ISO 100

EF-S18-55mm f/3.5-5.6 IS STMとの撮影画像を比較

EF50mm F1.8とEOS X7 ダブルズームレンズキットの標準ズーム・EF-S18-55mm f/3.5-5.6のそれぞれ最小の絞り値の撮影画像を比較してみました。

<ピンクのバラ>

EF50mm F1.8 絞り優先 f/1.8 1/665秒 ISO 100

背景がきれいにボケています。ピントは風の影響をやや受けているようです。

EF50mm F1.8 絞り優先 f/1.8 1/665秒 ISO

EF50mm F1.8 絞り優先 f/1.8 1/665秒 ISO 100

EF-S18-55mm f/3.5-5.6 絞り優先 f/5.6 1/100秒 ISO 160

背景の小道のレンガがかなりはっきりと映っています。バラは手振れ防止機能搭載でシャープに撮れています。

EF-S18-55mm f/3.5-5.6 絞り優先 f/5.6 1/100秒 ISO 160 背景の小道のレンガがかなりはっきりと映っています。バラは手振れ防止機能搭載でシャープに撮れています

EF-S18-55mm f/3.5-5.6 絞り優先 f/5.6 1/100秒 ISO 160 背景の小道のレンガがかなりはっきりと映っています。バラは手振れ防止機能搭載でシャープに撮れています

この度の試し撮りによって、レンズの持ち味がわかってきました。

標準ズーム・EF-S18-55mm f/3.5-5.6の良さも体感できて有意義でした。

これをまた生かしていきたいと思います。

Share