【今日の写真】武田の里の秋は黄金色に染まり

なだらかに続く棚田に風が吹き渡る。EF-S18-52mm シャッター優先

なだらかに続く棚田に風が吹き渡る。EF-S18-52mm シャッター優先 絞り20 ss1/10秒 ISO 100

わに塚の桜近くの里山の風景

甲斐武田家発祥と終焉の地、山梨県韮崎市には数多く武田家ゆかりの史跡がありますが、武田家の氏神の武田八幡宮にほど近い「わに塚の桜」は、武田家の統治の名残を感じさせる広々と田んぼが続く里山の只中にあります。

そんな田園地帯のシーンを切り取ってみました。

風に揺れる田んぼの稲。

風に揺れる田んぼの稲。EF-S18-52mm シャッター優先 絞り20 ss1/10秒 ISO 100

風に揺れる田んぼの稲。EF-S18-52mm シャッター優先 絞り20 ss1/10秒 ISO 100

収穫間近となった田んぼの稲は黄金のうねりのように。山裾までなだらかな棚田は続く。

収穫間近となった田んぼは黄金のうねりのように。EF-S18-52mm 絞り優先 絞り5.6 ss1/165秒 ISO 100

収穫間近となった田んぼは黄金のうねりのように。EF-S18-52mm 絞り優先 絞り5.6 ss1/165秒 ISO 100

収穫真っ盛りとなった田んぼも。遠くには七里岩が見える。

収穫の始まった田んぼも。遠くに七里岩を望む。EF-S18-52mm マニュアル 絞り5 ss1/512秒 ISO 100

収穫の始まった田んぼも。遠くに七里岩を望む。EF-S18-52mm マニュアル 絞り5 ss1/512秒 ISO 100

収穫間近の稲。

収穫間近の稲。EF-S24mm マニュアル 絞り2.8 ss1/1327秒 ISO 100

収穫間近の稲。EF-S24mm マニュアル 絞り2.8 ss1/1327秒 ISO 100

あぜ道のヒガンバナ。

あぜ道のヒガンバナ。EF-S24mm マニュアル 絞り2.8 ss1/1024秒 

あぜ道のヒガンバナ。EF-S24mm マニュアル 絞り2.8 ss1/1024秒 ISO 100

あぜ道のツユクサ。

あぜ道のツユクサ。EF-S55-250mm マニュアル 絞り5.6 ss1/512秒 ISO 200

あぜ道のツユクサ。EF-S55-250mm マニュアル 絞り5.6 ss1/512秒 ISO 200

また訪れてみたい武田の里です。

Share