【今日の写真】Canon 単焦点レンズ 「EF50mm F1.8 STM」にて試し撮り

山梨県立美術館と夕日に透けるカエデとサルスベリ 絞り優先 f/4 1/330秒 ISO100 右手にあるのはケンタウルスの像 

山梨県立美術館と夕日に透けるカエデとサルスベリ 絞り優先 f/4 1/330秒 ISO100 右手にあるのはケンタウルスの像

山梨県芸術の森公園にて絞り優先でさまざまなカットを撮影
Canon 単焦点レンズEF50mm F1.8 STM フルサイズ対応

Canon 単焦点レンズEF50mm F1.8 STM フルサイズ対応

ボケ味が美しいと評判の高い、Canon 単焦点レンズ 「EF50mm F1.8 STM」を入手したので、さっそく、山梨県芸術の森公園にてさまざまなカットを撮影してみました。

単焦点レンズというとマクロ撮影というイメージがありますが、風景でもポートレートでもOK。すべてのモードで撮影可能です。

<サルスベリとカエデ>

手前のサルスペリにピントを合わせています。後ろのサルスベリのボケ具合に大きな差があります。

EF50mm F1.8 絞り優先 f/4 1/256秒

サルスベリとカエデ EF50mm F1.8 絞り優先 f/4 1/256秒 ISO 100

サルスベリとカエデ EF50mm F1.8 絞り優先 f/4 1/256秒 ISO 100

EF50mm F1.8 絞り優先 f/1.8 1/1327秒 ISO 100

サルスベリとカエデ EF50mm F1.8 絞り優先 f/1.8 1/1327秒 ISO 100

サルスベリとカエデ EF50mm F1.8 絞り優先 f/1.8 1/1327秒 ISO 100

<山梨県立文学館>

手前の樹木にピントを合わせています。文学館ほか背景のボケ具合に差があります。

EF50mm F3.58 絞り優先 f/1.8 1/1327秒 ISO 100

山梨県立文学館 EF50mm F3.58 絞り優先 f/1.8 1/1327秒

山梨県立文学館 EF50mm F3.58 絞り優先 f/1.8 1/1327秒 ISO 100

EF50mm F3.58 絞り優先 f/1.8 1/4096秒 ISO 100

山梨県立文学館 EF50mm F3.58 絞り優先 f/1.8 1/4096秒 ISO 100

山梨県立文学館 EF50mm F3.58 絞り優先 f/1.8 1/4096秒 ISO 100

<さんさん広場>

富士山ビューポイントから富士山を望む。コントラストが強く、これまで肉眼と同じような富士山を撮影できていなかったのですが、今回、EF50mmで富士山にピントを合わせ、肉眼と同じような富士山を撮影できました。

EF50mm F3.58 絞り優先 f/1.8 1/4096秒 ISO 100

さんさん広場 富士山ビューポイントから富士山を望む EF50mm F3.58 絞り優先 f/1.8 1/4096秒 ISO 100

さんさん広場 富士山ビューポイントから富士山を望む EF50mm F3.58 絞り優先 f/1.8 1/4096秒 ISO 100

EF-S18-55mm f/3.5-5.6 IS STMとの撮影画像を比較

EF50mm F1.8とEOS X7 ダブルズームレンズキットの標準ズーム・EF-S18-55mm f/3.5-5.6のそれぞれ最小の絞り値の撮影画像を比較してみました。

<ピンクのバラ>

EF50mm F1.8 絞り優先 f/1.8 1/665秒 ISO 100

背景がきれいにボケています。ピントは風の影響をやや受けているようです。

EF50mm F1.8 絞り優先 f/1.8 1/665秒 ISO

EF50mm F1.8 絞り優先 f/1.8 1/665秒 ISO 100

EF-S18-55mm f/3.5-5.6 絞り優先 f/5.6 1/100秒 ISO 160

背景の小道のレンガがかなりはっきりと映っています。バラは手振れ防止機能搭載でシャープに撮れています。

EF-S18-55mm f/3.5-5.6 絞り優先 f/5.6 1/100秒 ISO 160 背景の小道のレンガがかなりはっきりと映っています。バラは手振れ防止機能搭載でシャープに撮れています

EF-S18-55mm f/3.5-5.6 絞り優先 f/5.6 1/100秒 ISO 160 背景の小道のレンガがかなりはっきりと映っています。バラは手振れ防止機能搭載でシャープに撮れています

この度の試し撮りによって、レンズの持ち味がわかってきました。

標準ズーム・EF-S18-55mm f/3.5-5.6の良さも体感できて有意義でした。

これをまた生かしていきたいと思います。

Share