【今日の写真】雨の金剛寺・高幡不動尊

雨のシーンを撮ろうと足を向けた高幡不動尊は、月例写経会で静かなにぎわいを見せていました

雨のシーンを撮ろうと足を向けた高幡不動尊は、月例写経会で静かなにぎわいを見せていました

月例写経会で行き交う人 雨に打たれる萩にも風情があり

「お不動さん」と地域の人々に親しまれている、日野市高幡にある金剛寺・高幡不動尊は、弘法大師空海を始祖とした真言宗智山派の寺院で関東三大不動の一つ。

由緒ある建造物や文化財・歌碑などを配して四季折々の花が咲き整えられた境内は、さまざまな月例行事などで足を向けた人々で、常ににぎわいを見せています。

台風の影響による雨の週末、雨のシーンを撮ろうと向かった高幡不動尊は、「月例写経会」で傘をさした人が参拝し、境内を行き交います。

重要文化財の仁王門から不動堂に向かって

重要文化財の仁王門から不動堂に向かって

新撰組副長・土方歳三の菩提寺でもある高幡不動尊。土方歳三像や新撰組両雄の碑にも雨が降り注いで。EF-S18-55mm f/3.5-5.6 シャター優先 f6.3 1/128秒 ISO 1000。雨で画面全体が白っぽく、両雄の碑を背景に雨が映っています

新撰組副長・土方歳三の菩提寺でもある高幡不動尊。土方歳三像や新撰組両雄の碑にも雨が降り注いで。EF-S18-55mm f/3.5-5.6 シャター優先 f6.3 1/128秒 ISO 1000。雨で画面全体が白っぽく、両雄の碑を背景に雨が映っています

新撰組副長・土方歳三の菩提寺でもある高幡不動尊。土方歳三像や新撰組両雄の碑にも雨が降り注いで。EF-S18-55mm f/3.5-5.6 シャター優先 f6.3 1/128秒 ISO 1000。雨で画面全体が白っぽく、両雄の碑を背景に雨が映っています

奥殿脇には紅白のしだれ萩が雨しずくで光っています。

奥殿脇のしだれ萩

奥殿脇のしだれ萩

境内奥に向かって。「納経所」の案内が見える

境内奥に向かって。「納経所」の案内が見える

大日堂に向かって。雨のしずくのしだれ萩を前ボケにしてみました

大日堂に向かって。雨のしずくのしだれ萩を前ボケにしてみました

紅白のしだれ萩の雨粒が白く光る

紅白のしだれ萩の雨粒が白く光る

雨の中を時折、奥に向かう人が

雨の中を時折、奥に向かう人が

所どころに咲いた彼岸花も境内を彩ります。

アジサイの株元に咲いた一輪のヒガンバナ

アジサイの株元に咲いた一輪のヒガンバナ

雨しずくをためた松の枝

雨しずくをためた松の枝

雨の降りしきる中、境内入り口の方で元気な掛け声が上がったので見ると、秋祭りのお神輿を担いだ人たちが。

威勢のいい掛け声とともに祭り神輿を担いだ人たちが

威勢のいい掛け声とともに祭り神輿を担いだ人たちが

雨をものともせず、みなさんいい表情で

雨をものともせず、みなさんいい表情で

雨でも予定通りにお祭りをするのですね! お神輿を担ぐ人たちが皆いい表情をしていらっしゃるのが印象的でした。

Share