【武田の里探訪】大村智博士ゆかりの「幸福の小径」も秋真っ盛りに

収穫を終えた田んぼと甲斐の山々を背景に立つ大村智博士像。EF-S18-55mm f/3.5-5.6 ランドスケープモード

収穫を終えた田んぼと甲斐の山々を背景に立つ大村智博士像。EF-S18-55mm f/3.5-5.6 ランドスケープモード

収穫時期の田んぼと富士山・コスモスが調和して

2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した韮崎市出身の大村智博士。

「幸福の小径」は大村博士が少年時代に、当時の自宅から韮崎中学校まで日々通った通学路のことで、ノーベル賞を記念して命名されました。

7月初旬に初めて訪れ、博士の人格や研究心を育んだ環境に心打たれたものです。

10月を迎えた今、甘利沢川さくら公園や大村智博士像の立つ、甲斐の山々を背景とした田園風景が秋のたたずまいに変わっているのではないかと思い、再び足を運んでみました。

武田橋を渡ってすぐの場所から始まる甘利沢川さくら公園で、まず目に飛び込んできたのは公園沿いと河川敷に植えられた可憐なコスモス。

可憐なコスモスの花が出迎えてくれた甘利沢川さくら公園

可憐なコスモスの花が出迎えてくれた甘利沢川さくら公園

幸福の小径沿いにはコスモスの花が植えられて

幸福の小径沿いにはコスモスの花が植えられて

青空を、また武田の里山を背景に、風に揺られながら秋らしい風情を醸し出してくれています。

山々を背景にコスモスの花が咲く甘利沢川河川敷

山々を背景にコスモスの花が咲く甘利沢川河川敷

風に揺れて秋らしい風情の河川敷のコスモス

風に揺れて秋らしい風情の河川敷のコスモス

ススキの穂が銀色に光る甘利沢川沿いの道

ススキの穂が銀色に光る甘利沢川沿いの道

稲刈りのシーズンで、一面黄色に染まった田んぼを背景に、雲の間から顔をのぞかせた富士山。

その田園風景と富士山に向かって立つ大村智博士像もカメラに収めることができました。

武田の里中、富士山に向かって立つ大村智博士像

武田の里中、富士山に向かって立つ大村智博士像

広々と遠くの山々にまで伸びるゆるやかな実りの田と秋らしい青空、所どころに植えられたコスモスが調和した景観も、改めて大村博士の人格を培ったであろう武田の里の自然の豊かさを感じさせてくれたことでした。

コスモスと収穫時期の田んぼ・富士山が調和した武田の里

コスモスと収穫時期の田んぼ・富士山が調和した武田の里

稲刈りのシーズンを迎えた武田の里。黄金色の田んぼが広々と続く

稲刈りのシーズンを迎えた武田の里。黄金色の田んぼが広々と続く

収穫時期の田んぼと稲と富士山

収穫時期の田んぼと稲と富士山

※ PIXTAにて以下画像素材を入手していただけます。

34792698

(c)Hana画像素材 PIXTA –

Share