【今日の写真】RAWデータで撮る 満月から3日目の「居待月」

満月から3日目の「居待月」をRAWデータ撮影後、JPGに変換

満月から3日目の「居待月」をRAWデータ撮影後、JPGに変換

月の動きの不思議に魅せられて

10月4日、「中秋の名月」をCanon EOS X7にEF-S55-250mm望遠レンズを装着し、マニュアルモードで撮影してから、RAWデータではさらに鮮明な画像を撮ることができると知り、機会を待っていました。

中秋の名月以来、雲が多い日が続き、6日の満月も過ぎて、機会が訪れたのが、日中も晴天に恵まれた9日でした。

月の出を毎日確認するうちに、気付いたのは、月の出る場所や時間が目まぐるしく変わること。

月の満ち欠け・イメージ

月の満ち欠け・イメージ

小学校の理科の復習をすることになりました。

月の見える位置が毎日変わっていくのは、月の公転のため。

月は1ヶ月で地球を一周します。

30日で360度、1日で12度ほど東にずれていきます。

月の出・月の入りの時刻が毎日変わるのは、地球と月の回転速度に差があるから。

地球は1日24時間で自転するのに対して、月が空を回って元の場所に戻るのに25時間ほどかかるため、時間がずれていきます。

月の出・月の入りは、日の出・日の入りとともに、国立天文台の「各地のこよみ」で細かく知ることができます。

参考

月の見える位置が違うのはなぜ?

月の出・月の入りの時間が毎日変わる理由は?

「中秋の名月」よりも鮮明に見えた「居待月」

10月4日の設定と同様に、マニュアルでF値8、ISO感度は800に設定。

シャッタースピードは1/50秒でピント合わせができました。

「Raw+L」で撮影し、翌日パソコンで見てみました。

RAWデータをJPGに書き換え流には、CanonのDigital Photo Professionalを用いました。

さて、RAWで撮影した JPGデータとLサイズのJPGデータを比較してみると、確かにRAWの方が鮮明です。

しかし、10月4日撮影のLサイズデータと比較すると、どう見ても9日の方がずっと鮮明なのです。

Lサイズ撮影の「居間月」。「中秋の名月」よりもずっと鮮明

Lサイズ撮影の「居間月」。「中秋の名月」よりもずっと鮮明

もしかしたら、9日の方が月への距離が短いのでは?と思い、調べてみると、やはりそうでした。

月の公転軌道は楕円形で、さらに地球に近い位置と遠い位置があり、近い位置では早く、遠い位置ではゆっくり動いているのです。

国立天文台・太陽太陰暦と月の満ち欠け。画像をクリックすると、国立天文台HPへ

国立天文台・太陽太陰暦と月の満ち欠け。画像をクリックすると、国立天文台HPへ

月の満ち欠けによる名前も調べてみたところ、満月から3日目の月は「居待月」とも呼ばれていることを知りました。

意味は、月の出を立って待つには長すぎるので、座って(居)月の出を待つとのこと。

月の呼び方。ウィキペディア「月」より引用させていただきました。画像をクリックすると参照元にジャンプできます

月の呼び方。ウィキペディア「月」より引用させていただきました。画像をクリックすると参照元にジャンプできます

10月9日の月の出は、国立天文台の「各地のこよみ」で調べてみると、東京では20時のようです。

月の撮影から、天体の謎に迫ってみることができ、有意義でした。

Share