【今日の写真】玉ボケと画像の合成でイルミネーションを幻想的に

通常のイルミネーション画像に玉ボケを重ねると、こんなに幻想的な雰囲気に

通常のイルミネーション画像に玉ボケを重ねると、こんなに幻想的な雰囲気に

望遠レンズで置きピンをして玉ボケを作る

イルミネーションを幻想的に撮るテクニックとしてよく用いられるのが玉ボケ。

この玉ボケを試行錯誤して作り出し、撮影してきました。

玉ボケ撮影の手順

①  望遠レンズでできるだけ解放のF値に設定する。
②  何でもよいので、近い場所に焦点を合わせて置きピンをする。
③  置きピンをしたまま、目当てのイルミネーションにレンズを向け、ボケ具合を確認してシャッターを切る。

以上の手順により、次のような玉ボケの画像を撮影できました。

新宿ミナミルミのイルミネーションで玉ボケを撮影

新宿ミナミルミのイルミネーションで玉ボケを撮影

テラスシティーで撮影した明るい色の玉ボケ

テラスシティーで撮影した明るい色の玉ボケ

少し大き目に撮影

少し大き目に撮影

多重合成によりさらに幻想的画像に

普通のイルミネーションの画像と玉ボケの画像を重ねることで、さらに幻想的な画像を作ることができます。

CanonのDigital Photo Professionalの多重合成ツールを使って、なかなかいい感じの画像を作り出すことができました。

この機能には加算・加算平均・加重平均・比較(明)・比較(暗)の5種類があり、試してみて、画像に合った機能を選択。

以下のような作品ができました。

それぞれ、上の2つの画像を重ねてできたのが下の合成画像

上の2つの画像を重ねてでき上がった作品

上の2つの画像を重ねてでき上がった作品

ショーウィンドウの画像に玉ボケの画像を重ねて

ショーウィンドウの画像に玉ボケの画像を重ねて

南新宿のイルミネーションに玉ボケを重ねて

南新宿のイルミネーションに玉ボケを重ねて

他のシーンでも玉ボケと画像の合成は応用できそうです。

サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、下の(c)Hanaのリンクより閲覧・入手していただけます。

37182428

 

(c)Hana画像素材 PIXTA –

Share