【今日の写真】ニホンズイセン・ロウバイ ・早咲きのウメの咲く百草園

甘い香りと早春の息吹を放つニホンズイセン。EF-S55-250mm STM 絞り優先 F8 ISO 100 シャッタースピード1/128

甘い香りと早春の息吹を放つニホンズイセン。EF-S55-250mm STM 絞り優先 F8 ISO 100 シャッタースピード1/128

寒気の中、歴史ある名園に春の訪れを告げる可憐な花々

その歴史を遡れば、江戸時代の享保年間、自刃に追い込まれた徳川家康の長男・信康追悼のために、現在の百草園のある場所に松連寺が再建され、それに伴って造園されたのが百草園だそうです。

明治初期に松連寺は廃寺となりますが、百草園は地元出身の生糸商人が所有し、1957年には京王帝都電鉄(現在の京王電鉄)所有となっています。

多摩丘陵の一角、東京都日野市の京王線百草園駅から徒歩10分ほどの距離にあります。

歴史ある名園には50種500本のウメの木があり、寒気の中、早咲きのウメのほかにロウバイの花情報があり、訪ねてきました。

趣ある門をくぐり園内の石段を登っていくと、まず目に飛び込んできたのは、紅白のウメの木の下に絨毯のように可憐な花を咲かせたニホンズイセン。

ニホンズイセン

絞りを解放させて、前ボケ・後ボケを効かせていろいろな表情を撮ってみました。

EF=S55-250mm STMやEF50mm F1.8STMではボケ味を生かした撮影ができるのですが、絞りを解放させると手ブレしやすいので、注意が必要なことを最認識。

EF-S55-250mm STM 絞り優先 F4 ISO 100 シャッタースピード1/256

EF-S55-250mm STM 絞り優先 F4 ISO 100 シャッタースピード1/256

EF50mm F1.8STM 絞り優先 F 1.8 ISO 100 シャッタースピード 1/3158

EF50mm F1.8STM 絞り優先 F 1.8 ISO 100 シャッタースピード 1/3158

ロウバイ

石段の左側にはロウバイ のエリアがあり、思いがけずに雲が切れて現れた青空と暖かい日差しに、訪れた人々は、春の足音を一足先に聞かせてくれる透き通るようなロウバイの花とその香りをともに楽しんでいました。

EF50mm F1.8STM 絞り優先 F 1.8 ISO 100 シャッタースピード 1/4098

EF50mm F1.8STM 絞り優先 F 1.8 ISO 100 シャッタースピード 1/4098

EF-S55-250mm STM 絞り優先 F5.6 ISO 100 シャッタースピード1/512

EF-S55-250mm STM 絞り優先 F5.6 ISO 100 シャッタースピード1/512

早咲きのウメ

園内のあちらこちらには、早咲きのウメがほころび、歴史あるたたずまいの松連庵や心字池と調和した様も風情があります。

紅梅と白梅。手前の白梅にピントを合わせて

紅梅と白梅。手前の白梅にピントを合わせて

紅梅を前ボケにして

紅梅を前ボケにして

ニホンズイセン。ロウバイ を背景に

ニホンズイセン。ロウバイ を背景に

ウメ ヤエカンコウと日野市・多摩市ほかの風景。晴天時には筑波山も見えるという

ウメ ヤエカンコウと日野市・多摩市ほかの風景。晴天時には筑波山も見えるという

松連庵

歴史を感じさせる松連庵と紅梅

歴史を感じさせる松連庵と紅梅

松連庵

松連庵

松連庵の縁側

松連庵の縁側

若山牧水や松尾芭蕉もゆかりの百草園は、歴史に思いを巡らせながら早春の息吹をゆったりと楽しむのにはもってこいの場所。

若山牧水の歌碑

百草園を愛した若山牧水の歌碑

百草園を愛した若山牧水の歌碑

心字池

心字池の雪吊りの松とロウバイ

心字池の雪吊りの松とロウバイ

四季折々の風景が楽しめ、これからウメの花も次々開花していき、また訪れてみたいと思います。

展望台

高台の展望台から。条件がよければ都心のスカイツリーなども見えるという

高台の展望台から。条件がよければ都心のスカイツリーなども見えるという

百草園はまた歴史ある百草八幡宮に隣接しています。また別途ご紹介させていただきたいと思います。

参考

京王百草園

 

サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下の画像素材ほか、下の画像下部の(c)Hanaのリンクより閲覧・入手していただけます。

38047000

 

(c)Hana画像素材 PIXTA –

 

Share