【今日の写真】EOS 6D MarkⅡで撮るスズメの群れの一員になったセキセイインコⅡ

5回目に出会うことができた、スズメの群れに紛れたセキセイインコ 。スズメとともに飛び立つ姿をシャッタースピード優先で。前回は1/2000秒で少し遅かった感じがあったので、今回は1/2500秒で。ISO800・露出補正+1

5回目に出会うことができた、スズメの群れに紛れたセキセイインコ 。スズメとともに飛び立つ姿をシャッタースピード優先で。前回は1/2000秒で少し遅かった感じがあったので、今回は1/2500秒で。ISO800・露出補正+1

降雪で姿が見えないセキセイインコ

スズメの群れに混じってその一員のように振舞っているセキセイインコに遭遇し、その姿をEOS Kiss X7で追いかけ、3回撮影。

その珍しく愛らしい姿にすっかり虜になり、その姿をもっと鮮明にとらえたいと、ついにフルサイズ機の EOS 6D MarkⅡを購入することに。

しばらく間があったのですが、入手したEOS 6D MarkⅡで、再び会うことができたスズメの群れに混じったセキセイインコを撮影することができました!

EOS 6D MarkⅡを手にしてから、また巡り会うことができたスズメの群れの一員になったセキセイインコ。縮小しているのですが、元の画像はぐっと鮮明。ズームしてトリミングしています

EOS 6D MarkⅡを手にしてから、また巡り会うことができたスズメの群れの一員になったセキセイインコ。縮小しているのですが、元の画像はぐっと鮮明。ズームしてトリミングしています

だいぶ距離があったのですが、EF70-300 F4.5-5.6 IS USMでズームして、フルサイズならではの撮影画像を得られました。

より近くで、その珍しくかわいい姿をとらえたい。

毎日のように出会った現地に足を向けますが、1月下旬の降雪直後、スズメの群れの姿は見えますが、セキセイインコの姿はありません。

雪の積もった瓦屋根にはスズメたちが。セキセイインコの姿は見えない

雪の積もった瓦屋根にはスズメたちが。セキセイインコの姿は見えない

ハザかけの上には体を丸めたスズメたちだけが

ハザかけの上には体を丸めたスズメたちだけが

貢川には珍しいダイサギが雪の残る河原を飛んでいきました

貢川には珍しいダイサギが雪の残る河原を飛んでいきました

5度目に会えた愛らしい姿をEF70-300 F4.5-5.6 IS USMでズーム

雪解けが進み、寒さが和らいだ数日後、5度目にまたそのブルーの姿をとらえることができました!

今回もまた、前回同様にだいぶ離れた場所です。

今回は、しだれ桜を拠点に、木の下の地面で何かをついばんでいるかと思うと、突然群れを成して、木の上へ。

まるで花が咲いたようなスズメの群れとセキセイインコ

まるで花が咲いたようなスズメの群れとセキセイインコ

しばらくすると、また地面へという繰り返しをしています。

池面で団子状になって何かをついばんでいるスズメたち輪の中にセキセイインコも

池面で団子状になって何かをついばんでいるスズメたち輪の中にセキセイインコも

今度はセキセイインコが手前に来てくれました

今度はセキセイインコが手前に来てくれました

しだれ桜に向かって飛び立つスズメの群れとセキセイインコ。セキセイインコはちょっと驚いたような動きをしています

しだれ桜に向かって飛び立つスズメの群れとセキセイインコ。セキセイインコはちょっと驚いたような動きをしています

距離があるので、どうかと思ったのですが、拡大するとAPS-Cとの違いが一目瞭然。

望遠レンズの焦点距離の長さも功を奏し、くっきりと撮れていて、トリミングにも耐えられます。

一部を拡大してトリミングしています

一部を拡大してトリミングしています

しだれ桜の木と地面の往復を何回か繰り返し、また群れが四方に散ると、セキセイインコは姿を消しました。

まだ雪の残る地面で

まだ雪の残る地面で

どうか再びそのかわいい姿に会えますように!

サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、画像下の(C)Hanaのリンクより閲覧・入手していだだけます。

 

38046931

 

(c)Hana画像素材 PIXTA –

Share