【今日の写真】まぶしい光に包まれた5月初旬の甲斐市・赤坂台総合公園

にて。青空に映える残雪の富士山とオオムラサキツツジと新緑

5月初旬の赤坂台総合公園にて。青空に映える残雪の富士山とオオムラサキツツジと新緑

黄色のバラやオオムラサキツツジが青空に映えるドラゴンパーク

少し遅くなってしまいましたが、きれいな写真が撮れましたのでご紹介。

久しぶりに富士山がきれいに見えていたので、足を運んでみた5月初旬の甲斐市・赤坂台総合公園。

周辺に雲もなく、くっきりと姿を見せてくれた残雪の富士山。

絶好のお天気は、何もかも美しく見せてくれます。

ほかにもこの時期ならではの花々が開花していて、青空に映えていました。

4月中は、まったくその気配を感じなかったのに、バラの花は5月の声を聞くと同時に華やかな花を咲かせるのですね!

アーチの黄色のバラが特別きれいでした!

初夏のような陽気で、噴水のあるじゃぶじゃぶ池では子供たちが水遊び。

その様子を周囲で大人たちが楽しく見守っています。

大きな株のオオムラサキツツジ越しに、キラキラ光る噴水の水遊びをする子供たちや家族を切り取ってみました。

青空に浮かぶ白い綿雲も、そんな様子を見守っているようでした。

参考

甲斐市・赤坂台総合公園・地図

サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、画像下の(Hana)のリンクより閲覧・入手していただけます。

40322965

(c)Hana画像素材 PIXTA –

 

Share

【武田の里探訪】歴史ロマンに満ちた韮崎市・新府城跡

新府城跡本丸跡に建つ藤武神社。武田勝頼が築城の折、祀ったものは落城の折に焼失したが、徳川氏が再興させた

新府城跡本丸跡に建つ藤武神社。武田勝頼が築城の折、祀ったものは落城の折に焼失したが、徳川氏が再興させた

築城わずかにして武田勝頼自ら火を放ち、武田氏最後となった悲運の城跡

昨年、初めて訪れた新府桃源郷。

近くに武田勝頼の悲運の城、新府城跡があることはわかっていましたが、時間の関係で、行くことができたのは、今年、新府桃源郷がモモの花盛りになった折でした。

所在は、韮崎市中田町、新府桃源郷に至る県道17号線(七里岩ライン)沿い。

藤武稲荷神社に至る急な石段を登っていくと、武田勝頼が新府城築城に際して鎮守として祀ったという藤武稲荷神社があり、その奥に本丸跡が見えてきます。

藤武神社の鳥居。神社の奥に本丸跡がある

藤武神社の鳥居。神社の奥に本丸跡がある

藤武神社拝殿

藤武神社拝殿

藤武神社舞殿

藤武神社舞殿

モモの開花時期は、ソメイヨシノの開花時期より平均的に若干遅いのですが、モモの品種の関係か、今年の気候の関係か、新府城跡本丸跡のソメイヨシノはまだ見頃。

そのたたずまいは、織田信長に攻められた武田勝頼が、築城後わずか68日で自ら火を放ったという悲運の歴史を伝えているようで、感慨深いものがありました。

物悲しさも伝えるような本丸跡のソメイヨシノ

物悲しさも伝えるような本丸跡のソメイヨシノ

国の史跡に指定、「真田丸」のロケ地にも

「人は石垣 人は堀……」と生涯、城を築かなかった父・武田信玄の信念を受け継いでいるのかもしれません、新府城は石垣のない平城で、七里岩を天然の要塞として、防衛のために緻密な設計がされています。

大河ドラマ「真田丸」のロケ地としても使われたという新府城跡は、1973年に国の史跡に指定。

本丸跡には、藤武神社のほかに、武田勝頼公霊社と武田十四将霊碑なども築かれています。

武田勝頼公霊社と武田十四将霊碑

武田勝頼公霊社と武田十四将霊碑

武田家を代表する甲州流築城術の集大成

保存のために公有地ともなった城跡は広大で、二の丸・三の丸とたどっていくと、数々の防衛施設跡をつぶさに見ることができます。

二の丸跡

二の丸跡

新府城跡乾門二之門跡

新府城跡乾門二之門跡

乾門二之門跡の下は天然の要塞、七里岩

乾門二之門跡の下は天然の要塞、七里岩

井戸跡。上端の直径が32mもあるすり鉢状の窪地で、七里岩大地の堅い地盤を利用して、浸み出した水や雨水を集める構造であったと考えられている

井戸跡。上端の直径が32mもあるすり鉢状の窪地で、七里岩大地の堅い地盤を利用して、浸み出した水や雨水を集める構造であったと考えられている

木橋の橋台

木橋の橋台

大手丸馬出しからは条件がよければ富士山も見える。大手丸馬出しは、外側に三日月形の空堀を掘って真正面からの侵入を防ぎ、左右の通路に散らした敵を攻撃する造りになっている

大手丸馬出しからは条件がよければ富士山も見える。大手丸馬出しは、外側に三日月形の空堀を掘って真正面からの侵入を防ぎ、左右の通路に散らした敵を攻撃する造りになっている

丸馬出しの下に造られた三日月堀跡

丸馬出しの下に造られた三日月堀跡

西三の丸跡

西三の丸跡

東三の丸跡

東三の丸跡

大手枡形虎口。新府城で最も大きな虎口(出入り口)

大手枡形虎口。新府城で最も大きな虎口(出入り口)

南北7-8キロ、東西2キロと大規模でもあり、武田家を代表する甲州流築城術の集大成とも言われるゆえんが、訪れてみて実感できました。

歴史好きな人はもちろん、そうでない人も行ってみる価値のあるスポットだと思います。

大手枡形虎口付近にはたくさんのジュウニヒトエが咲いていました

大手枡形虎口付近にはたくさんのジュウニヒトエが咲いていました

本丸跡から望む八ヶ岳とと新府桃源郷

本丸跡から望む八ヶ岳とと新府桃源郷

参考

新府城跡・地図

サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、画像下の(Hana)のリンクより閲覧・入手していただけます。

39669177

(c)Hana画像素材 PIXTA –

Share

【今日の写真】EOS 6D MarkⅡで撮る春の風景

綿雲の浮かぶ青空とケヤキの新緑

綿雲の浮かぶ青空とケヤキの新緑

標準ズームEF24-70mm f/4l IS USMとマクロEF100mm f/2.8Macro IS USMでさまざまな風景を写して

3月下旬からの桜開花を皮切りに次々に春を彩る花が咲き、5月、新緑が青空に映えるシーズンに。

身近な場所で見る風景を、EOS 6D MarkⅡに、標準ズーム・EF24-70mm f/4l IS USM、またはマクロレンズ・EF100mm f/2.8Macro IS USMを装着して撮ってみました。

青空に映えるシラカバの新緑。山梨県芸術の森公園にて

青空に映えるシラカバの新緑。山梨県芸術の森公園にて

新緑のシラカバをローアングルから

新緑のシラカバをローアングルから

色彩のコントラストがはっきりとして、撮ったときのさわやかな感じが思い出されます。

青空に浮かぶ千切れ雲

青空に浮かぶ千切れ雲

4月、マクロレンズで撮影したタンポポ

4月、マクロレンズで撮影したタンポポ

5月は一斉に綿毛に

5月は一斉に綿毛に

マクロレンズでローアングルから

マクロレンズでローアングルから

サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、画像下の(Hana)のリンクより閲覧・入手していただけます。

40322745

(c)Hana画像素材 PIXTA –

Share

【今日の写真】望遠レンズで切り取る5月の新緑

新緑のカエデとオオムラサキツツジの赤紫

新緑のカエデとオオムラサキツツジの赤紫

EF70-300 f/4.5-6 ISⅡ USM のボカし効果を生かして

新緑の美しい季節。

身近なところでも思いがけない風景を切り取ることができます。

アーチのようなケヤキの新緑

アーチのようなケヤキの新緑

晴天の休日、甲斐市赤坂台総合公園・相性ドラゴンパークの風景を、EOS6D MarkⅡにEF70-300 f/4.5-6 ISⅡ USM望遠レンズを装着して撮影してみました。

望遠レンズのボカし効果により、なかなかきれいな素材を収集できました。

新緑のカエデ

新緑のカエデ

4月に見られたカエデの花

4月に見られたカエデの花

4月に花を咲かせていたカエデが、5月には赤い縁取りのプロペラ状の実をつけていました

4月に花を咲かせていたカエデが、5月には赤い縁取りのプロペラ状の実をつけていました

新緑のカエデの植え込みの間から、芝生広場でボール遊びをする子供たちの姿も見られます

新緑のカエデの植え込みの間から、芝生広場でボール遊びをする子供たちの姿も見られます

サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、画像下の(Hana)のリンクより閲覧・入手していただけます。

40322953

(c)Hana画像素材 PIXTA –

Share

【今日の写真】皇居および皇居前広場から見る高層ビル街

青空に映える皇居外苑の緑と大手町ビジネス街

戦後間もなく始まったはとバスツアーで、当初から現在に至るまで変わらぬ人気スポットは、皇居なのだそうです。

2012年に復原した赤レンガ造りの東京駅丸の内駅舎を撮影した後は皇居方面へ。

大手堀とビジネス街

大手堀とビジネス街

実際に足を運んでみると、テレビ画面を通して見るのと違い、徳川幕府の中枢であった江戸時代から皇居へと変遷を遂げた歴史の重みや、敷地・建造物のスケールの大きさを肌で感じます。

観光客の撮影ポイントでもある二重橋。外国人観光客のグループが集合写真を撮っていました

観光客の撮影ポイントでもある二重橋。外国人観光客のグループが集合写真を撮っていました

皇居正門

皇居正門

市民に解放された皇居外苑から東京駅方面を見ると、大手町ビジネス街の高層ビル群が、外苑の緑と調和し、青空に映えています。

新緑のまぶしい季節、この場所ならではの都市風景を撮影できました。

サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、画像下の(Hana)のリンクより閲覧・入手していただけます。

40322661

(c)Hana画像素材 PIXTA –

 

Share

【今日の写真】青空に映える赤レンガ造りの東京駅丸の内駅舎と高層ビル街

国の重要文化財の壮麗な姿と近代建築のコラボが東京の玄関口にふさわしく

2012年に創建当時の姿に復原され話題となった東京駅丸の内駅舎を取材しました。

東京の玄関口である東京駅は、大手町のビジネス街に隣接。

国の重要文化財でもあるレンが造りの歴史的建物と、高層ビルとのコントラストもまたきれいです。

日本を代表する建築物、東京駅丸の内駅舎は、辰野金吾らが設計、1914年に竣工しました。

関東大震災にも大きな被害を受けず、2003年には国の重要文化財に指定されますが、その後、東京大空襲により、内装と屋根を焼失したといいます。

戦後間もなく、応急処置的復旧工事が行われ60年余りが経過。

それから、長い道のりをへて、ついに南北のドーム含め、4年の歳月を経て、竣工当時の重厚かつ壮麗な姿が復原されました。

駅舎前の広場はさまざまなイベントも行われる模様で、国際色豊か。

広い行幸通りへと続く景観もヨーロッパの街並みのように洗練されていて、多くの観光客などでにぎわっていました。

サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、画像下の(Hana)のリンクより閲覧・入手していただけます。

40322641

(c)Hana画像素材 PIXTA –

 

Share

【今日の写真】4月下旬、牡丹の花が見頃の町田ぼたん園

300種1700株の牡丹が華麗に咲き競い

鎌倉街道沿いにある町田市薬師池公園から徒歩10分ほどのところにある町田ぼたん園。

民権の森公園の一部がぼたん園となっていて、牡丹開花の4月げ下旬から5月初旬には有料解放されます。

折良く、初めて足を向けてみることができました。

瓦屋根の門をくぐって園内に入ると、色とりどりの牡丹がまさに百花繚乱の様相。

それぞれに名札が付けられていますが、これほどの種類があるとはと感心します。

珍しいクリーム色の「黄金の塔」

珍しいクリーム色の「黄金の塔」

同じクリーム色でもこちらは「黄冠」。雄しべの周りの花びらの根元が赤い

同じクリーム色でもこちらは「黄冠」。雄しべの周りの花びらの根元が赤い

大藤錦

大藤錦

東京ドームよりも少し広いという園内には、西洋式庭園の憩いの広場・散策路・奥庭もあり、牡丹開花時期以外は無料解放されているそうです。

西洋式庭園の「憩いの広場」

西洋式庭園の「憩いの広場」

奥庭

奥庭

牡丹以外にも、フジの花が季節らしい風情で来園者を楽しませてくれていました。

参考

町田ぼたん園 地図

サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、画像下の(Hana)のリンクより閲覧・入手していただけます。

40322685

(c)Hana画像素材 PIXTA –

Share

【今日の写真】4月下旬の東京都町田えびね苑

4.5haの苑内に10万株のエビネや山野草が咲き競うように

「新東京百景」「東京都指定名勝」「日本の歴史公園100選」に指定・選定されている町田市薬師池公園ほど近くには町田えびね苑があり、開花時期の4月下旬から5月初旬に有料解放されます。

折良く、開花時期に足を向けることができました。

薬師池公園のある鎌倉街道を町田市街に向かって徒歩10分ほどの山林に4.5ヘクタールと広大な敷地の町田えびね苑があります。

鎌倉街道沿いの町田えびね苑入り口

鎌倉街道沿いの町田えびね苑入り口

同苑は、平成元年開苑。

敷地内に自生していたジエビネに加え、生育可能なキエビネ・タカネエビネ・ヒゴエビネ・ヒゼンエビネ・キリシマエビネなどを植栽していったということです。

 

エビネ(ジエビネ)ほぼ全国に自生

エビネ(ジエビネ)ほぼ全国に自生

キエビネ 九州・四国地方に自生。花全体が黄色で葉や花が大きい

キエビネ 九州・四国地方に自生。花全体が黄色で葉や花が大きい

タカネエビネ エビネとキエビネの自然交雑種と言われている。花の色が豊富

タカネエビネ エビネとキエビネの自然交雑種と言われている。花の色が豊富

赤色がきれいなタカネエビネも

赤色がきれいなタカネエビネも

キリシマエビネ 九州・四国地方に自生

キリシマエビネ 九州・四国地方に自生

ほかにも、同じくラン科のキンラン・ギンランを始め、クマガイソウなどの珍しい山野草が植えられています。

ラン科アツモリソウ属のクマガイソウ

ラン科アツモリソウ属のクマガイソウ

ホウチャクソウ

ホウチャクソウ

キンラン

キンラン

キンランよりも小ぶりなギンラン

キンランよりも小ぶりなギンラン

水辺には可憐なクリンソウが

水辺には可憐なクリンソウが

シラユキゲシ

シラユキゲシ

ムサシアブミ

ムサシアブミ

ユキモチソウ

ユキモチソウ

エビネや山野草の愛好家が次々訪れては、写真を撮ったりとりどりのエビネや山野草を鑑賞したり、ガイドの方の説明を聞いたりしてゆったりと過ごしていました。

町田えびね苑にはアジサイもたくさん植えられていて、開花時期には無料解放されるとのことです。

参考

町田えびね苑 地図

サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、画像下の(Hana)のリンクより閲覧・入手していただけます。

40322682

(c)Hana画像素材 PIXTA –

 

Share

【今日の写真】5月初旬の本栖湖リゾート・富士芝桜まつり

本栖湖リゾートの富士芝桜まつり

本栖湖リゾートの富士芝桜まつり

残雪の富士山と龍神池・80万株の芝桜の共演が圧巻

80万株の芝桜と残雪の富士山が調和した絵画のような景観が、本栖湖リゾートで見られるというので、足を運んでみました。

甲府方面から、中央自動車道は使用せず、国道358線で精進湖方面から本栖湖へ。

人気の観光スポットらしく、平日でしたが会場まではしばらく渋滞。

広い駐車場が準備されていますが、来場者がそれを上回るための渋滞でした。

場内に入ると、広大な会場内には一面にピンクを中心に、薄紫・白などと色とりどりの芝桜がカラフルな絨毯を敷き詰めたように咲いています。

低地では、芝桜はもう終わりですが、富士山麓では標高が高いため、7分咲きほど。

場所や種類によって、開花状況が違っているようです。

ミニ芝桜富士と併せて会場全体を見渡すことのできる展望台、展望足湯、展望カフェやフェスタなどもあり、さまざまな楽しみ方がありそうです。

展望台からの風景。手前にはミニ芝桜富士。外国人観光客交え、多くの人が絶景を楽しんでいる

展望台からの風景。手前にはミニ芝桜富士。外国人観光客交え、多くの人が絶景を楽しんでいる

圧巻は、会場南側にある龍神池と芝桜・残雪の富士山の調和した風景。

多くの人が絶景に見入ったり、記念写真を撮ったりしていました。

この富士芝桜まつりは5月27日(日)まで開催とのことです。

参考

2018 富士芝桜まつり 公式HP 会場マップへリンク

富士芝桜まつり・本栖湖リゾート地図

サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、画像下の(Hana)のリンクより閲覧・入手していただけます。

40322862

(c)Hana画像素材 PIXTA –

 

Share

【今日の写真】残雪の富士山と新緑の青木ヶ原樹海を映す4月下旬の西湖

風が凪いだ瞬間、逆さ富士が映し出された西湖

風が凪いだ瞬間、逆さ富士が映し出された西湖

富士五湖で最も自然が残る青い湖ではクニマスも発見され

4月下旬、富士山と新緑、わらぶき屋根の古民家のコラボレーションを撮影しようと訪れた「西湖いやしの里根場」。

「西湖いやしの里根場」は西湖から少し北上したところにあるのですが、その途上、富士五湖の中では最も自然が残されているという西湖の風景を撮影することができました。

残雪の富士山の裾野には新緑の青木ヶ原樹海が広がり、青い湖面では釣り人が糸を垂れる神秘の湖、西湖

残雪の富士山の裾野には新緑の青木ヶ原樹海が広がり、青い湖面では釣り人が糸を垂れる神秘の湖、西湖

富士山の火山活動によって生じた堰き止め湖の西湖は、山梨県指定天然記念物のフジマリモの群生地であり、2010年、絶滅したと思われていたクニマスが発見されたことで有名。

観光地としては最も有名な河口湖とは趣の異なった、自然そのままの風景に触れられます。

残雪の富士山麓の裾野に広がる神秘の青木ヶ原樹海の新緑、深い青色をたたえた湖のの共演は壮大かつさわやかです。

釣りのメッカでもあるようで、釣り船や釣り人の姿も風景に溶け込んでいます。

釣りのメッカである西湖では、多くの釣り人が糸を垂れる

釣りのメッカである西湖では、多くの釣り人が糸を垂れる

元々は流入・流出河川のなかったという西湖では、風がないときには逆さ富士の見られる場所もある様子。

たまたま撮影した場所でも、風が凪いだ瞬間、残雪の富士山が湖面に映し出されました!

逆さ富士の現れた西湖

逆さ富士の現れた西湖

四季折々の風景を撮影しに、また訪れてみたいと思いました。

参考

西湖・地図

サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、画像下の(Hana)のリンクより閲覧・入手していただけます。

40322744

(c)Hana画像素材 PIXTA –

Share