【今日の写真】小石川後楽園・大泉水で繰り広げられるカワセミのダイナミックなハンティング

小石川後楽園の大泉水を舞台にダイナミックなダイビンクを繰り返す「水辺の宝石」カワセミ

小石川後楽園の大泉水を舞台にダイナミックなダイビンクを繰り返す「水辺の宝石」カワセミ

EOS 6D Mark Ⅱ・EF70-300mm F4-5.6Ⅱ USMがとらえたカワセミの水辺の狩

5月下旬に東京都文京区の国の特別史跡・特別名勝の小石川後楽園を訪れた際、思いがけない出会いがありました。

琵琶湖の風景を模した大泉水でダイナミックな狩をする、「水辺の宝石」カワセミでした。

大泉水の周辺のベンチにカメラを持って座っている人や、本格的に三脚に望遠カメラを据えて待機している人がいるので、声をかけてみると、やはりカワセミでした。

蓬莱島の岩の縁で水面から池の中まで鋭く観察をするカワセミ

蓬莱島の岩の縁で水面から池の中まで鋭く観察をするカワセミ

つがいのカワセミがいて、大泉水中央の蓬莱島で子育てをしていて、ヒナたちに餌を運ぶため頻繁に狩をしているとのこと。

カワセミからの距離が少しあるのですが、よく姿が見られるようで、大泉水の周辺に決まった人たちが通ってはカワセミの姿をカメラに納めているそうです。

野鳥愛好家を魅了してやまないカワセミです。

庭園を一回りして、風景写真を撮影し終えてから大泉水に戻ると、ちょうどカワセミが蓬莱島の突き出した岩に止まっている姿が肉眼でもとらえられました。

さっそく、手持ちのEOS 6D Mark ⅡにEF70-300mm F4.5-6Ⅱ USMをセットして、カワセミを狙います。

うーん、かなり遠い!

でも、カワセミは、大泉水のほぼ同じ場所に繰り返しダイビングをし、愛らしい姿をしながら迫力いっぱいの狩をしています。

水中に飛び込む寸前の貴重な画像。俊敏なので、飛び込む前の姿はなかなかとらえられません。体に対して極めて長いクチバシを大きく開けています! 水面にも姿が映り込んでいます

水中に飛び込む寸前の貴重な画像。俊敏なので、飛び込む前の姿はなかなかとらえられません。体に対して極めて長いクチバシを大きく開けています! 水面にも姿が映り込んでいます

前回カワセミに出会ったときには、さまざまな場所に飛び込んでいて、ダイビングの模様は、撮ることができなかったのですが、今回は遠かったのが難点でしたが、何とかその様子を撮ることができました。

大きな水しぶきを上げて飛び込んだ瞬間

大きな水しぶきを上げて飛び込んだ瞬間

近くには、大砲のような超望遠レンズのカメラを三脚に据えた人も。

それほどの大掛かりでない人も、撮影しています。

撮影の合間にヒナの数の予想を立てている人もいます!

スペックの高いAPS-C機にエクステンダーと望遠レンズなどの条件で撮れるのかもしれません。

瞬時に飛び出してきました。魚をくわえているようには見えませんが…

瞬時に飛び出してきました。魚をくわえているようには見えませんが…

いつか、より良い条件で再チャレンジしたいとも思いますが、手持ちのEOS 6D Mark ⅡにEF70-300mm F4.5-6Ⅱ USMでも何とか様子をとらえることができました。

入手して半年未満のEF70-300mm F4.5-6Ⅱ USMも、かの有名なYoutuberのジェットダイスケさんが「隠れLレンズでは!」と絶賛しているのを最近知ったのですが、名レンズのようで知らずと力を発揮してくれたようです。

ということで、トリミング画像になりますが、ご紹介します。

元の岩を目指して水平に飛行

元の岩を目指して水平に飛行

岩を目前に、翼を広げてスピーとを弱めているようです

岩を目前に、翼を広げてスピーとを弱めているようです

留まる寸前のポーズ

留まる寸前のポーズ

元の岩に戻りました

元の岩に戻りました

このダイビングを何度となく繰り返していました。

ヒナたちが無事育って、たくさんのカワセミのにぎやかな狩が見られますように!

その機会に恵まれれば、より良い条件で撮影をしたいものです。

参考

 

Share

【今日の写真】新緑と景物が調和した5月下旬の小石川後楽園

築山泉水回遊式の日本庭園・小石川後楽園。庭園の中心的景観となる大泉水。琵琶湖を琵琶湖を表現した景色を作り出したもので、中心に蓬莱島を配している

築山泉水回遊式の日本庭園・小石川後楽園。庭園の中心的景観となる大泉水。琵琶湖を琵琶湖を表現した景色を作り出したもので、中心に蓬莱島を配している

国の特別史跡・特別名勝指定の築山泉水回遊式庭には儒教的趣向の景物が多数

5月下旬、新緑が美しい文京区後楽園の小石川後楽園を取材しました。

江戸初期、水戸徳川家の江戸上屋敷内に初代藩主の頼房によって築かれた庭園が、2代藩士光圀が明の朱舜水の意見を取り入れて「後楽園」として完成したという小石川後楽園。

後楽園の名称は、「天下の憂いに先じて憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」から来ていて、岡山の後楽園と同じだそうです。

一つ松。琵琶湖を模した大泉水に対し、琵琶湖の唐崎の一つ松にちなむ

一つ松。琵琶湖を模した大泉水に対し、琵琶湖の唐崎の一つ松にちなむ

大泉水と蓬莱島を中心にし、周囲に儒教の影響を受けたさまざまな景物や、日本全国各地の景勝を模した湖・山・川などが多数配置されているのが特徴で、7万㎢の広大な園内を巡っていくと、この園ならではの景観に出会うことができます。

円月橋

円月橋。水面の写り込みと合わせると満月のように見えるところからの命名。明の儒教学者・朱舜水が設計したと言われる石橋

円月橋。水面の写り込みと合わせると満月のように見えるところからの命名。明の儒教学者・朱舜水が設計したと言われる石橋

大堰川と通天橋

大堰川と通天橋。川の景色を代表する場所で、京都嵐山の下を流れる大堰川にちなんでいる

大堰川と渡月橋

大堰川と渡月橋。京都嵐山の風景を映したもの

大堰川と渡月橋。京都嵐山の風景を映したもの

得仁堂

得仁堂。光圀が建てた園内最古の建物。光圀が18歳のとき、史記「伯夷列伝」を読んで感銘を受け伯夷叔斉の木造を安置した

得仁堂。光圀が建てた園内最古の建物。光圀が18歳のとき、史記「伯夷列伝」を読んで感銘を受け伯夷叔斉の木造を安置した

内庭

内庭。水戸藩邸の書院があった場所。池泉には中島があり、反り橋が架けられている

内庭。水戸藩邸の書院があった場所。池泉には中島があり、反り橋が架けられている

新緑を映す内庭の池泉

新緑を映す内庭の池泉

四季折々の美しさが味わえそうな庭園です。

大泉水の中央の蓬莱島にはカワセミが営巣していて、しきりにジャンプをしてハンティングを繰り返していました。

カワセミの撮影が目的の人たちが何人も三脚に望遠レンズを構えていました。

別途ご紹介します。

参考 小石川後楽園・地図

サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、画像下の(Hana)のリンクより閲覧・入手していただけます。

41192328

(c)Hana画像素材 PIXTA –

Share

【今日の写真】有形・無形文化財を伝える南アルプス櫛形山中腹の高尾穂見神社

南アルプス市・櫛形山の中腹に鎮座する高尾穂見神社の神楽殿と拝殿

南アルプス市・櫛形山の中腹に鎮座する高尾穂見神社の神楽殿と拝殿

11月の夜祭りでは無形文化財の太々神楽を奉納

南アルプス櫛形山の中腹、南アルプス市高尾のわずかな戸数となった集落に歴史ある神社があるというので、梅雨入り前の6月初旬に行ってみました。

テレビで紹介していたのは、NHK甲府放送局のヤマナシ・クエスト「ザ・ディレクソン in 山梨」。

NHKを使って週末の山梨の人口を2倍にしようという企画合戦です。

東京都に隣接していて数々の観光名所もある山梨県ですが、山梨ならではの魅力ある場所ということで紹介されたスポットの一つが、この高尾穂見神社と人情味あふれた集落の人たちでした。

櫛形山へと続く道を途中右に逸れてさらに急な曲がりくねった道を10分ほど上っていくと、やがて高尾に集落に到着し、奥まった場所に、古くから伝えられている穂見神社が鎮座しています。

大切に守られてきた神社なのでしょう、途中までの山道は細く急でしたが、神社の境内周辺は切り開かれていて、集落が神社とともに暮らしを守ってきた雰囲気が伝わってきます。

延喜式内社で文治三年古碑に「穂見神社」とあるそうです。

朱色の鳥居をくぐり、その奥にある古い石の鳥居をくぐって進むと、さらに「神門」があり、その奥の石段脇には古い石祠が並んでいて、石段の上には有形文化財の神楽を奉納する神楽殿が見えてきます。

参道入口の朱の鳥居が青空に映える

参道入口の朱の鳥居が青空に映える

歴史を刻んだ石の鳥居

歴史を刻んだ石の鳥居

石門をくぐって進むとさらに神門が

石門をくぐって進むとさらに神門が

石祠脇の石段上には舞殿が見える

石祠脇の石段上には舞殿が見える

壮麗な様相の神楽殿と御神木の大杉

壮麗な様相の神楽殿と御神木の大杉

入母屋造で東西南北に四神の彫刻も施され壮麗な味わいがあります。

その横に、県の有形文化財に指定されている本殿があるのですが、残念ながらシートで覆われていました。

拝殿

拝殿

その手前にあ、江戸時代の彫師・左甚五郎の作とされる「高尾の馬」が奉納されている絵馬殿風の建物があります。

左甚五郎の「高尾の馬」が奉納されている絵馬殿風の建造物

左甚五郎の「高尾の馬」が奉納されている絵馬殿風の建造物

五穀豊穣・養蚕成就・商売繁盛に御利益があるとされ、毎年11月22日~23日に行われる夜祭りには、県内外から多くの参拝者が訪れているとのことです。

参考

南アルプス市 Mなび 「神々が宿る高尾の世界」

高尾穂見神社 地図

サイトを訪問してくださいまして、ありがとうございます。以下画像素材ほか、画像下の(Hana)のリンクより閲覧・入手していただけます。

41192449

(c)Hana画像素材 PIXTA –

Share

【今日の写真】汐留のビル群が借景となり江戸と現代が調和した浜離宮恩賜庭園

汐留の高層ビル群が借景となり、江戸と現代が調和し不思議な景観美を形作る浜離宮。潮入の池の中島の御茶屋・対岸の燕の御茶屋・復元した鷹の御茶屋が見える

汐留の高層ビル群が借景となり、江戸と現代が調和し不思議な景観美を形作る浜離宮。潮入の池の中島の御茶屋・対岸の燕の御茶屋・復元した鷹の御茶屋が見える

25万㎢の広大な敷地に歴史と伝統美が刻まれて

浜離宮恩賜庭園は、東京都中央区汐留駅近く、東京湾に面した約25万㎢の広大な敷地の都立公園です。

歴史をたどれば、甲州松平綱重の下屋敷から徳川幕府の出城・浜御殿となり、明治時代には宮内省所轄の離宮に。

その後、昭和20年に東京都に移管され、都立の浜離宮恩賜庭園として一般公園されるようになったそうです。

復元され間もない鷹のお茶屋。11代将軍・家斉の時代に建てられた御茶屋で、鷹狩りの際の休憩場所となった

復元され間もない鷹のお茶屋。11代将軍・家斉の時代に建てられた御茶屋で、鷹狩りの際の休憩場所となった

鷹のお茶屋内の将軍の休憩の上段

鷹のお茶屋内の将軍の休憩の上段

広大で日本庭園・日本文化の真髄を随所で味わうことのできる名所であり、欧米を中心に世界各国からの観光客の姿が見られました。

「三百年の松」。将軍家宣が改修した時に植えられと伝わる東京都内最大の黒松。夫婦円満の象徴のように赤松が寄り添っている

「三百年の松」。将軍家宣が改修した時に植えられと伝わる東京都内最大の黒松。夫婦円満の象徴のように赤松が寄り添っている

東京湾からの海水を取り入れ、潮の干満で景色の変化を楽しむという回遊式築山泉水庭園。

潮入の池と海手お伝い橋の美しい景観

潮入の池と海手お伝い橋の美しい景観

都心のこの庭園は、汐留の高層ビルが借景となり、江戸と現代が入り混じり調和した不思議な景観美を形作っていました。

入の池と晴海埠頭のビル群

潮入の池と晴海埠頭のビル群

隣接する築地川には水上バスの発着場もあり、晴海埠頭のビル群と河川の海辺らしい風景も楽しむことができます。

築地川を往来する水上バスもみられる海辺らしい風景

築地川を往来する水上バスもみられる海辺らしい風景

この日は行事として、鷹狩りの実演も行われていました。

鷹狩りの実演

鷹狩りの実演

参考 浜離宮・地図

サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、画像下の(Hana)のリンクより閲覧・入手していただけます。

41192307

(c)Hana画像素材 PIXTA –

Share

【今日の写真】富士山を望む田植えを終えた山梨県南アルプス市・中野の棚田

南アルプス市中野の棚田。高地に開けた富士山を望む絶景

南アルプス市中野の棚田。高地に開けた富士山を望む絶景

マチュピチュさながらーー江戸時代より高地の扇状地に築かれてきた石積みの棚田の絶景

テレビ番組でも紹介されたことのある、南アルプス市にあるという富士山を望む絶景の棚田を、田植えが終わったばかりのタイミングで晴天の日に尋ねることができました。

南アルプスの最も東側に位置する櫛形山への急勾配の道から細い道を南に入り、くねった農道を進んでいくと、目的の中野の棚田に。

途中経路が一旦山に入ったルートだったこともあり、目の前に開けた風景は息を呑むような絶景です。

青空の下、広大な風景が広がる

青空の下、広大な風景が広がる

山並みの向こうには残雪の富士山を望み、急峻な斜面には一つひとつ石を積み上げてできた棚田が広がっています。

遠方には甲府盆地が光っていて、高山と棚田、それに盆地の成す風景はマチュピチュを思わせるかのよう。

ここは南アルプスの山々を背景にした国内最大級という扇状地。

砂や石が堆積していて保水力が乏しい土壌であるため、農耕は困難を極めたそう。

そんな土壌に適しているのが果樹栽培で、工夫をしながらサクランボやスモモなどの栽培が行われてきています。

絶景を望む場所に視点場も設けられています

絶景を望む場所に視点場も設けられています

遡って江戸時代より、扇状地の山側で、洪水で流されてきた大量の石を逆に利用して積み上げ築いてきたのがこの堅牢な棚田。

先祖より受け継がれてきた知恵と努力と日々の農作業の結果が今日の美しい景観になっているのだと、感銘を受けずにおれません。

視点場からの風景

視点場からの風景

南アルプスがユネスコエコパークに登録され、知名度も高まっていることもあってでしょう、この中野の棚田は絶景を望む「視点場」や駐車場も整備されています。

季節ごとの風景を追って、また訪ねてみたいと思います。

参考 南アルプス市中野の棚田

サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、画像下の(Hana)のリンクより閲覧・入手していただけます。

41192463

(c)Hana画像素材 PIXTA –

Share

【今日の写真】5月中旬の世界文化遺産・山梨県忍野八海

世界文化遺産登録の山梨県南都留郡忍野村の忍野八海。はんの木林資料館内部では富士山と藁葺き屋根の古民家が調和した絶景を見ることができる

世界文化遺産登録の山梨県南都留郡忍野村の忍野八海。はんの木林資料館内部では富士山と藁葺き屋根の古民家が調和した絶景を見ることができる

農鳥の見える残雪の富士山と調和する透明で神秘的な湧水群

いつか行ってみたいと思っていた世界文化遺産の忍野八海に、富士山に残雪が見える5月中旬に訪れることができました。

農鳥の見える残雪の富士山。農鳥とは、富士山の残雪が鳥の形になったもので、古くからそれが見える時期が地元富士吉田の農耕の開始の合図とされている

農鳥の見える残雪の富士山。農鳥とは、富士山の残雪が鳥の形になったもので、古くからそれが見える時期が地元富士吉田の農耕の開始の合図とされている

忍野八海とは、富士山の雪解け水が20年の歳月をかけてろ過されたのちに湧き出し形成した、山梨県南都留郡忍野村8箇所の泉のこと。

国指定の天然記念物・名水百選・県の新富嶽百景に指定されています。

かつて富士講が行われていたときには、富士登山に先立ち8つの湖沼で水行を行っていたそうで、八海にはそれぞれ第〇霊場との記載があります。

第一霊場の出口池は少し離れていますが、それ以外はまとまったエリアにあります。

周囲にはそちこちに民間含めた駐車場が設けられていて、利用者はそこで簡単なマップも手にできます。

第一霊場から順番に巡っていくのがオススメなのだそうですが、時間の都合もあり、順不同となり、離れている出口池には行かれませんでしたが、一つひとつ巡っていくと、それぞれの魅力が発見できました。

観光の人気スポットらしく、平日にもかかわらず東南アジアを中心に大勢の観光客が詰めかけていました。

逆さ富士が見られる鏡池

逆さ富士が見られる鏡池

菖蒲池。この近くに暮らしていた若夫婦の夫が肺病にかかり、妻がこの池で身を清めて祈願したところ、池の菖蒲を取って夫の体に巻くようにというお告げがあった。そのお告げに従い、夫の病が快復したという伝説が残る

菖蒲池。この近くに暮らしていた若夫婦の夫が肺病にかかり、妻がこの池で身を清めて祈願したところ、池の菖蒲を取って夫の体に巻くようにというお告げがあった。そのお告げに従い、夫の病が快復したという伝説が残る

写真を後で眺めてみると、その透明度の高さや富士山とのコラボした姿に改めて感動を覚えます。

湧池。豊富な湧水量と水深、透明度を誇る

湧池。豊富な湧水量と水深、透明度を誇る

濁り池から流れ出る阿原川。透き通った水と水草が美しい

濁り池から流れ出る阿原川。透き通った水と水草が美しい

銚子池。縁結びの池と伝えられる

銚子池。縁結びの池と伝えられる

お釜池。最も小さい池ながら透明でツツジが映り込んだりと神秘的

お釜池。最も小さい池ながら透明でツツジが映り込んだりと神秘的

圧巻は、はんの木林資料館内で目にすることのできた、湧水池と資料館などの古民家・そして残雪の富士山が調和した姿(トップ画像)。

はんの木林資料館・旧渡辺家住宅

はんの木林資料館・旧渡辺家住宅

はんの木林資料館2階。養蚕やはた織り・農機具などが置かれている

はんの木林資料館2階。養蚕やはた織り・農機具などが置かれている

底抜池。はんの木林資料館の奥、トチの木などの樹林の中にある

底抜池。はんの木林資料館の奥、トチの木などの樹林の中にある

雄大な富士山とその富士山が成した大自然の偉業と景観美を体感できる場です。

新緑と残雪に富士山、そして湧水の成す絶景を目にすることができましたが、四季折々違った美しさがありそう。

また訪れてみたいスポットです。

歴史ある忍野八海浅間神社・忍草浅間神社が近くに

近くには、1200年前に創建された忍野八海浅間神社があります。

忍野八海浅間神社の鳥居

忍野八海浅間神社の鳥居

別称・忍草浅間神社の檜皮葺き屋根・三間社流れ造り本殿は、村指定重要文化財。

富士山の噴火を鎮めるために建立された歴史があるそうです。

外国人観光客がお参りしている姿もありました。

参考

忍野村観光協会・おしのナビ・忍野八海

サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、画像下の(Hana)のリンクより閲覧・入手していただけます。

41192203

(c)Hana画像素材 PIXTA –

Share

【今日の写真】ヤマアジサイが境内を彩る5月下旬の日野市高幡不動尊

サツキとの調和が美しい5月下旬の日野市高幡不動尊

サツキとの調和が美しい5月下旬の日野市高幡不動尊

あじさいまつりに先立ちさまざまなヤマアジサイが開花

千葉県の成田山新勝寺、埼玉県の總願寺(そうがんじ)とともに関東三大不動とされる、東京都日野市の高幡不動尊は、都内有数のアジサイの名所でもあります。

また、セイヨウアジサイやガクアジサイのほかに、日本全国から集まったという実に数多くのヤマアジサイが植えられていることでも有名。

境内や隣接する山林の八十八ケ所や四季の道に植えられたヤマアジサイは実に250種700株。セイヨウアジサイやガクアジサイを加えると7500株だといいます。

ヤマアジサイ「土佐遊蝶」

ヤマアジサイ「土佐遊蝶」

年間を通じてさまざまな行事が行われていて、6月初旬から7月初旬にはあじさいまつりを開催。

あじさいまつりに先立って咲き始めるのがヤマアジサイです。

5月下旬、ヤマアジサイの開花の情報を得て、咲き始めのヤマアジサイを見に足を運ぶことができました。

そのいくつかをご紹介します。

ヤマアジサイ「津江の紅鶴」

ヤマアジサイ「津江の紅鶴」

ヤマアジサイ「白雪姫」

ヤマアジサイ「白雪姫」

ヤマアジサイ「紅剣」

ヤマアジサイ「紅剣」

ヤマアジサイ「くれない」

ヤマアジサイ「くれない」

ヤマアジサイ「深山八重紫」

ヤマアジサイ「深山八重紫」

桃山やまあじさい

桃山やまあじさい

平安時代の様式で造られたという五重塔は、青空とサツキと調和し、5月ならではの風情を醸し出していました。

大師堂前に咲いていた清楚な感じのアジサイ。名札はありませんでした

大師堂前に咲いていた清楚な感じのアジサイ。名札はありませんでした

サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、画像下の(Hana)のリンクより閲覧・入手していただけます。

41192414

(c)Hana画像素材 PIXTA –

Share

【今日の写真】春夏の御岳渓谷はアウトドア派にも人気のスポット

水辺のスポーツも盛んな東京都青梅市御岳渓谷。4月下旬の週末にはラフティングの競技が行われていた

水辺のスポーツも盛んな東京都青梅市御岳渓谷。4月下旬の週末にはラフティングの競技が行われていた

自然を満喫しながら楽しめる水辺のスポーツも盛ん

昨年秋、最高の紅葉の風景が堪能できた東京都青梅市の奥多摩渓谷。

東京都内とは思えないような恵まれた自然と渓谷美は、訪れる人を癒やし元気付けてくれます。

そんな恵まれた環境で、何種類もの水辺の活動ができるのもアウトドア派には魅力でしょう。

釣り・カヤック・ラフティングやサイクリングなどができる施設が設けられています。

4月下旬、初夏のような陽気に訪れたときには、まさにラフティングの競技が行われていました。

御岳小橋付近の様子

御岳小橋付近の様子

御岳小橋の上にも観戦者が

御岳小橋の上にも観戦者が

御岳渓谷遊歩道沿いには、玉堂美術館・櫛かんざし美術館・たましん御岳美術館などインドア派向けの施設も。

御岳小橋付近には、この日もイーゼルを据えて景観美をキャンバスに描く人たちの姿がありました。

カエデの新緑と杉山

カエデの新緑と杉山

季節を彩るシャガの花も

季節を彩るシャガの花も

参考

御岳渓谷・地図

サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、画像下の(Hana)のリンクより閲覧・入手していただけます。

40322681

(c)Hana画像素材 PIXTA –

 

Share

【今日の写真】リスたちとの直接の触れ合いが魅力の町田リス園

リスたちと直接触れ合うことのできる町田リス園

リスたちと直接触れ合うことのできる町田リス園

子供からお年寄りまで楽しめるスポット

いつか行ってみたいと思っていた、東京都町田市の薬師池公園にほど近くにある町田リス園に、この度行ってくることができました。

薬師池公園にほど近く町田市金井のまちだリス園

薬師池公園にほど近く町田市金井のまちだリス園

目玉となるのは、約2500平方メートルの面積に放し飼いにされたおよそ200匹のタイワンリスの飼育場。

リスの不思議な鳴き声も聞くことのできる飼育場

リスの不思議な鳴き声も聞くことのできる飼育場

園で用意している手袋を借りて、リスたちに直接餌をあげることができます。

人に慣れているリスたちは、手袋から餌を食べたり、餌ちょうだいよ〜!と体によじ登ってくることも。

子供連れの家族には特に大人気のスポットでしょうが、リスのかわいさは大人にも癒し効果たっぷり。

あらゆる世代の人たちがゆったりとリスたちと触れ合い楽しんでいました。

このカットを撮るまでねばりました。素早いのでとても難しい

このカットを撮るまでねばりました。素早いのでとても難しい

生まれて間もないという愛らしい子リス

生まれて間もないという愛らしい子リス

水を飲むリス。たくさん飲んでいました

水を飲むリス。たくさん飲んでいました

リスたちは昼間には休憩に入るので、朝早めの時間に行くのがおすすめ。

巣箱から鼻先をのぞかせて寝ているリス

巣箱から鼻先をのぞかせて寝ているリス

巣箱の上で休むリス

巣箱の上で休むリス

このコーナーには、ケヅメリクガメのジュンコも草を食べたりしながら歩き回っています。

人気のケヅメリクガメのジュンコ

人気のケヅメリクガメのジュンコ

このほかに、園内ではニホンシマリスやモルモット・ウサギなども飼育されていて、土日・祝日には「ふれあい広場」も開催。

多くの親子が参加して楽しんでいました。

土日・祝日開催の「ふれあい広場」

土日・祝日開催の「ふれあい広場」

また訪れてみたい場所です。

参考

町田リス園・地図

サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、画像下の(Hana)のリンクより閲覧・入手していただけます。

41192267

(c)Hana画像素材 PIXTA –

Share