【今日の写真】5月中旬の世界文化遺産・山梨県忍野八海

世界文化遺産登録の山梨県南都留郡忍野村の忍野八海。はんの木林資料館内部では富士山と藁葺き屋根の古民家が調和した絶景を見ることができる

世界文化遺産登録の山梨県南都留郡忍野村の忍野八海。はんの木林資料館内部では富士山と藁葺き屋根の古民家が調和した絶景を見ることができる

農鳥の見える残雪の富士山と調和する透明で神秘的な湧水群

いつか行ってみたいと思っていた世界文化遺産の忍野八海に、富士山に残雪が見える5月中旬に訪れることができました。

農鳥の見える残雪の富士山。農鳥とは、富士山の残雪が鳥の形になったもので、古くからそれが見える時期が地元富士吉田の農耕の開始の合図とされている

農鳥の見える残雪の富士山。農鳥とは、富士山の残雪が鳥の形になったもので、古くからそれが見える時期が地元富士吉田の農耕の開始の合図とされている

忍野八海とは、富士山の雪解け水が20年の歳月をかけてろ過されたのちに湧き出し形成した、山梨県南都留郡忍野村8箇所の泉のこと。

国指定の天然記念物・名水百選・県の新富嶽百景に指定されています。

かつて富士講が行われていたときには、富士登山に先立ち8つの湖沼で水行を行っていたそうで、八海にはそれぞれ第〇霊場との記載があります。

第一霊場の出口池は少し離れていますが、それ以外はまとまったエリアにあります。

周囲にはそちこちに民間含めた駐車場が設けられていて、利用者はそこで簡単なマップも手にできます。

第一霊場から順番に巡っていくのがオススメなのだそうですが、時間の都合もあり、順不同となり、離れている出口池には行かれませんでしたが、一つひとつ巡っていくと、それぞれの魅力が発見できました。

観光の人気スポットらしく、平日にもかかわらず東南アジアを中心に大勢の観光客が詰めかけていました。

逆さ富士が見られる鏡池

逆さ富士が見られる鏡池

菖蒲池。この近くに暮らしていた若夫婦の夫が肺病にかかり、妻がこの池で身を清めて祈願したところ、池の菖蒲を取って夫の体に巻くようにというお告げがあった。そのお告げに従い、夫の病が快復したという伝説が残る

菖蒲池。この近くに暮らしていた若夫婦の夫が肺病にかかり、妻がこの池で身を清めて祈願したところ、池の菖蒲を取って夫の体に巻くようにというお告げがあった。そのお告げに従い、夫の病が快復したという伝説が残る

写真を後で眺めてみると、その透明度の高さや富士山とのコラボした姿に改めて感動を覚えます。

湧池。豊富な湧水量と水深、透明度を誇る

湧池。豊富な湧水量と水深、透明度を誇る

濁り池から流れ出る阿原川。透き通った水と水草が美しい

濁り池から流れ出る阿原川。透き通った水と水草が美しい

銚子池。縁結びの池と伝えられる

銚子池。縁結びの池と伝えられる

お釜池。最も小さい池ながら透明でツツジが映り込んだりと神秘的

お釜池。最も小さい池ながら透明でツツジが映り込んだりと神秘的

圧巻は、はんの木林資料館内で目にすることのできた、湧水池と資料館などの古民家・そして残雪の富士山が調和した姿(トップ画像)。

はんの木林資料館・旧渡辺家住宅

はんの木林資料館・旧渡辺家住宅

はんの木林資料館2階。養蚕やはた織り・農機具などが置かれている

はんの木林資料館2階。養蚕やはた織り・農機具などが置かれている

底抜池。はんの木林資料館の奥、トチの木などの樹林の中にある

底抜池。はんの木林資料館の奥、トチの木などの樹林の中にある

雄大な富士山とその富士山が成した大自然の偉業と景観美を体感できる場です。

新緑と残雪に富士山、そして湧水の成す絶景を目にすることができましたが、四季折々違った美しさがありそう。

また訪れてみたいスポットです。

歴史ある忍野八海浅間神社・忍草浅間神社が近くに

近くには、1200年前に創建された忍野八海浅間神社があります。

忍野八海浅間神社の鳥居

忍野八海浅間神社の鳥居

別称・忍草浅間神社の檜皮葺き屋根・三間社流れ造り本殿は、村指定重要文化財。

富士山の噴火を鎮めるために建立された歴史があるそうです。

外国人観光客がお参りしている姿もありました。

参考

忍野村観光協会・おしのナビ・忍野八海

サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、画像下の(Hana)のリンクより閲覧・入手していただけます。

41192203

(c)Hana画像素材 PIXTA –

Share