【今日の写真】汐留のビル群が借景となり江戸と現代が調和した浜離宮恩賜庭園

汐留の高層ビル群が借景となり、江戸と現代が調和し不思議な景観美を形作る浜離宮。潮入の池の中島の御茶屋・対岸の燕の御茶屋・復元した鷹の御茶屋が見える

汐留の高層ビル群が借景となり、江戸と現代が調和し不思議な景観美を形作る浜離宮。潮入の池の中島の御茶屋・対岸の燕の御茶屋・復元した鷹の御茶屋が見える

25万㎢の広大な敷地に歴史と伝統美が刻まれて

浜離宮恩賜庭園は、東京都中央区汐留駅近く、東京湾に面した約25万㎢の広大な敷地の都立公園です。

歴史をたどれば、甲州松平綱重の下屋敷から徳川幕府の出城・浜御殿となり、明治時代には宮内省所轄の離宮に。

その後、昭和20年に東京都に移管され、都立の浜離宮恩賜庭園として一般公園されるようになったそうです。

復元され間もない鷹のお茶屋。11代将軍・家斉の時代に建てられた御茶屋で、鷹狩りの際の休憩場所となった

復元され間もない鷹のお茶屋。11代将軍・家斉の時代に建てられた御茶屋で、鷹狩りの際の休憩場所となった

鷹のお茶屋内の将軍の休憩の上段

鷹のお茶屋内の将軍の休憩の上段

広大で日本庭園・日本文化の真髄を随所で味わうことのできる名所であり、欧米を中心に世界各国からの観光客の姿が見られました。

「三百年の松」。将軍家宣が改修した時に植えられと伝わる東京都内最大の黒松。夫婦円満の象徴のように赤松が寄り添っている

「三百年の松」。将軍家宣が改修した時に植えられと伝わる東京都内最大の黒松。夫婦円満の象徴のように赤松が寄り添っている

東京湾からの海水を取り入れ、潮の干満で景色の変化を楽しむという回遊式築山泉水庭園。

潮入の池と海手お伝い橋の美しい景観

潮入の池と海手お伝い橋の美しい景観

都心のこの庭園は、汐留の高層ビルが借景となり、江戸と現代が入り混じり調和した不思議な景観美を形作っていました。

入の池と晴海埠頭のビル群

潮入の池と晴海埠頭のビル群

隣接する築地川には水上バスの発着場もあり、晴海埠頭のビル群と河川の海辺らしい風景も楽しむことができます。

築地川を往来する水上バスもみられる海辺らしい風景

築地川を往来する水上バスもみられる海辺らしい風景

この日は行事として、鷹狩りの実演も行われていました。

鷹狩りの実演

鷹狩りの実演

参考 浜離宮・地図

サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、画像下の(Hana)のリンクより閲覧・入手していただけます。

41192307

(c)Hana画像素材 PIXTA –

Share