【今日の写真】港区汐留駅前に広がる巨大複合都市・汐留シオサイトの風景

手前に2区 E街区 汐留メディアタワー・トッパン・フォームズ、後方に1区C街区 汐留タワーを望む、ゆりかもめ駅付近

手前に2区 E街区 汐留メディアタワー・トッパン・フォームズ、後方に1区C街区 汐留タワーを望む、ゆりかもめ駅付近

高層ビル群の背後に潜む江戸時代からの開発の長い歴史

東京都港区の都営地下鉄およびゆりかもめの汐留と、JR新橋駅中心に広がる汐留は、その地区に建設された巨大複合都市・汐留シオサイトのこと。

浜離宮恩賜公園は、この汐留シオサイトの高層ビル群が借景となり、不思議な景観美を創り出しています。

超高層ビルが立ち並び、ビジネス街を形成している汐留駅周辺。

歴史をひもといてみれば、その成り立ちが理解でき、親しみを覚えます。

汐留の高層ビル群が借景となり、江戸と現代が不思議な調和を成した浜離宮恩賜庭園

↓  右から順に、1区 A街区 電通本社ビル・2区 D北1街区 東京汐留ビルディング・2区 D北3街区 日本通運本社ビル・2区 3区 D南街区東京ツインパークス(分譲マンション)

汐留の高層ビル群が借景となり、江戸と現代が調和し不思議な景観美を形作る浜離宮。潮入の池の中島の御茶屋・対岸のスズメの御茶屋・復元した鷹の御茶屋が見える

汐留の高層ビル群が借景となり、江戸と現代が調和し不思議な景観美を形作る浜離宮。潮入の池の中島の御茶屋・対岸のスズメの御茶屋・復元した鷹の御茶屋が見える

江戸時代以前は海辺の湿地帯だったという汐留は、江戸時代に入り、徳川家康から家光に至るまで続いた「天下普請」により埋め立てが行われ、武家屋敷街となったそう。

明治時代になり鉄道が開設されると、この地に新橋駅が建設。

歴史は下り、大正3年に東京駅が完成すると、新橋駅は貨物専用駅に。

さらにその後、トラック輸送が増え、しばらく空き地となっていたものが、東京都の都市基盤整備と民間のプロジェクトによって都市の再開発が行われ、やがて今日の汐留シオサイトへと発展することになったということです。

六本木ヒルズやお台場と並んで、東京の新しい観光名所となった汐留シオサイト。

その一部汐留駅前の高層ビル街の風景をご紹介します。

新橋駅前のウィンズ汐留。新幹線と一緒に撮影

新橋駅前のウィンズ汐留。新幹線と一緒に撮影

中央が汐留タワー、右手が汐留シティーセンター

中央が汐留タワー、右手が汐留シティーセンター

ゆりかもめと汐留タワー

ゆりかもめと汐留タワー

日本テレビタワーの入り口にある、宮崎駿デザインのからくり時計「マイスタジオ・日テレ大時計」

日本テレビタワーの入り口にある、宮崎駿監督デザインのからくり時計「マイスタジオ・日テレ大時計」

住友不動産汐留浜離宮ビルなどを望む海方向の景観

住友不動産汐留浜離宮ビルなどを望む海方向の景観

参考 汐留シオサイト 地図

サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、画像下の(Hana)のリンクより閲覧・入手していただけます。

41192292

(c)Hana画像素材 PIXTA –

 

Share

【今日の写真】7月中旬、戻り梅雨の町田市薬師池公園

東京ドームの3倍の敷地面積に3000㎡の大賀ハス田が
町田市HPより 同HPにリンク

町田市HPより 同HPにリンク

東京都町田市のほぼ中央に位置し、「新東京百景」「東京都指定名勝」「日本の歴史公園100選」に指定され、四季折々の景観や花々を楽しむことができる、町田市薬師池公園。

7月中旬、ヤマユリの花が開花し、大賀ハスも咲き始めとの情報を得て、訪ねてみました。

戻り梅雨の名残で、やや大気の状態が不安定。時折、思い出したように、雨がぱらつく天気です。

南北に音符のオタマジャクシのように不規則に長い薬師池公園の敷地面積は、141.654㎡と、東京ドームの建築面積の約3倍と広大で、その最北部に3000㎡の大賀ハス田があります。

大賀一郎博士が発見した2000年前の古代ハスが守られて

大賀ハスは、1951年、植物学者でハスの権威者の大賀一郎氏が、千葉県花見川の発掘現場から約2000年前のハスの種を発見し、東京都府中市の自宅で3粒のうち1粒の発芽生育に成功させたものに由来しています。

北側の駐車場から、さっそく大賀ハス田へ。

咲き始めていました!

仏像の台座にしつらわれたり、「泥池に咲くハスの花」などと、泥の中から発芽しても、汚れることなく美しい花を咲かせ、仏教や釈迦と関連づけられるハスの花。

久しぶりに目にすることができましたが、いつ見ても卓越した清らかさ、神秘的な魅力があります。

また、雨に打たれて水滴をまとった風情は、また風合いがあります。

離れた場所の花も多く、撮影には望遠レンズが不可欠。

まだ数少ない花ですが、その様子をいくつかとらえることができました。

見頃のヤマユリやハナミョウガの群生が風景に調和して

次にヤマユリを探して歩きます。

すぐに薬師池周辺の雑木林の斜面に何本かを発見。

近くにいた職員の方に咲いている場所を訪ねて、薬師堂方面への道をたどってみます。

何本かのヤマユリを見て、先へと進んでいくと、雑木林の下側の斜面にショウガやミョウガのような葉の先に細かな白い房状の花を咲かせた植物が群生しています。

ヤマユリを見にきたという女性の方がいて、「ハナミョウガ」と教えてくださいました。

ハナミョウガの群生地近くには、大滝と岩を伝う清流などが涼しい景観を作り出していました。

涼しい景観の大滝

涼しい景観の大滝

ハナミョウガの花

ハナミョウガの花

町田の原風景が想起されて
昨年実った実と今年咲いた花が同時に並んで見られたつくばい

昨年実った実と今年咲いた花が同時に並んで見られたつくばい

しっとりとした風合いの旧荻野家

しっとりとした風合いの旧荻野家

さらに、ヤマユリを探して旧荻野家の裏から山道を登っていくと、カタクリの咲いていた場所付近を中心に、たくさんのヤマユリが咲いていました。

旧荻野家とのコラボした風景も、町田の原風景を想起させてくれました。

 

Share

【今日の写真】興奮と熱狂に包まれたアクアパーク品川の迫力いっぱいのドルフィンショー

水しぶきを上げて、4頭のイルカが光の中にそろってジャンプ!

水しぶきを上げて、4頭のイルカが光の中にそろってジャンプ!

光と音と映像にアクロバティックなイルカの演技が融合

東京港区の品川プリンスホテル内にあるマクセル アクアパーク品川は、都市型エンターテインメント施設で、水族館が核となっています。

この水族館で、迫力あるイルカショー・ドルフィンパフォーマンスが行われているというので、行ってみました。

特徴は、
① 365度、どの位置からも同じように楽しむことのできる円形のプール
② 光と音と映像の演出
③ トレーナーやイルカたちの呼吸がぴったりのアクロバティックな演技
④ エンターテインメント性の高さ
といったところでしょう。

ショーの完成度の高さ、エンターテインメント性、予想以上の迫力で繰り広げられる意外性のあるイルカの動き・知能の高さに、すっかり観客は魅了されています。

トレーナーを背中に乗せて大きな水しぶきとともにイルカが旋回。観客は拍手喝采です

トレーナーを背中に乗せて大きな水しぶきとともにイルカが旋回。観客は拍手喝采です

直立した2頭のイルカが尾っぽをフリフリして進みます。愛らしい仕草に思わずほほえみが

直立した2頭のイルカが尾っぽをフリフリして進みます。愛らしい仕草に思わずほほえみが

突然、水中から直立したトレーナーを持ち上げる姿勢でイルカがジャンプ! 客席は驚きと興奮に包まれています

突然、水中から直立したトレーナーを持ち上げる姿勢でイルカがジャンプ! 客席は驚きと興奮に包まれています

それにしても、どうやってここまでイルカたちを訓練したのでしょう?! 驚くばかりです。

次々に新たなショープログラムは展開されていき、終始、興奮と熱気に包まれていました。

EOS 6D MarkⅡにEF70-300mm F4-5.6 IS II USMの望遠で、ISO感度をある程度上げ、シャッター優先で

屋内プールで、複数のイルカが365度、あらゆる方向から素早い動作をするので、撮影は容易ではありませんでしたが、EOS 6D MarkⅡにEF70-300mm F4-5.6 IS II USMの望遠で、なんとか魅力あるイルカショーの様子をとらえることができました。

屋内であることから、止むを得ずISO感度をある程度上げ、シャッター優先で撮影。

複数回行われているショーに3回足を向けて、シャッターチャンスをねらいました。

ヲーターカーテンの中で水しぶきを上げながら大迫力の大回転をするイルカも忘れられない場面

ヲーターカーテンの中で水しぶきを上げながら大迫力の大回転をするイルカも忘れられない場面

フィナーレのイルカたちのジャンプ

フィナーレのイルカたちのジャンプ

その魅力の場面の一部をご紹介しました。

ペンギンショー・アシカショーも人気

イルカショーの行われている屋内プールに隣接している屋上では、時間をずらしてペンギショー・アシカショーも行われています。

こちらも人気のペンギンショー。愛らしいダンスを披露

こちらも人気のペンギンショー。愛らしいダンスを披露

それぞれの特徴や賢さ・愛らしさを存分に引き出したショーは、これまた人気で、どのショータイムも観客であふれていました。

笑いと拍手に包まれたアシカショー

笑いと拍手に包まれたアシカショー

トレーナーと一緒にお辞儀!

トレーナーと一緒にお辞儀!

ナイトショーはまた魅力があるようで、機会があればまた足を向けてみたいと思います。

参考 アクアパーク品川・地図

 

Share

【今日の写真】東京都井の頭公園の一角にある井の頭自然文化園本園

哺乳類と鳥類が飼育されている本園を訪ねて

東京都の井の頭恩賜公園の一角にある井の頭自然文化園は、1942年開園された歴史ある動物園で、哺乳類と鳥類などが飼育されている武蔵野市の本園と水鳥などが飼育されている三鷹市の分園があります。

面積は、115.500㎡と広大。

本園では日本リスが飼育されていると聞き、この度訪ねてみました。

緑に包まれた正門付近

緑に包まれた正門付近

日本リスが放し飼いされた「リスの小径」が大人気

緑あふれる森林の中の道を進み、最初に目的の「リスの小径」へ。

大きなケージの中に日本リスが放し飼いにされています。

大人気のコーナーで、愛らしいリスに触れ合いたいと、小さな子供からお年寄りまで、大勢の人がひっきりなしに訪れていました。

日本リスが放し飼いにされた「リスの小径」も大人気の井の頭自然文化園

日本リスが放し飼いにされた「リスの小径」も大人気の井の頭自然文化園

ここでは、リスへの餌やりは禁止されていますが、環境や人に慣れたリスたちは、近くに寄ってきたりして、さまざまな愛らしい仕草を見せてくれます。

入り口から入るやいなや、フレンドリーに体に登ってきてくれたリスがいました。

係員の人が近づいてきて、体を揺すると、リスが自然に降りてくれますと教えてくれました。

お昼には、飼育員がリスの餌を準備。

中身などについて説明してくれます。

お昼に準備された日本リスの餌

お昼に準備された日本リスの餌

餌箱に直接入ってさっそく餌を食べるリスも。

リスたちは餌箱が所定の場所に置かれると、さっそく好みの餌をゲットし、木の上の気に入った場所で食べ始めます。

固いクルミも鋭い歯で外側から根気よく削っていって食べています。

ヒキガエルが住んでいる洞のある古い枝があり、餌を食べるリスと見合っているというユーモラスな場面もありました。

緑あふれる自然環境でゆったりとできる動物との触れ合い

当初は上野動物園に匹敵するような一大動物園構想があったものが、戦時中で「自然生態観察園」に変更して開園を迎えたという井の頭自然文化園。

大型動物は少ないですが、自然に恵まれた落ちついた環境で、動物との距離が近かったりと、それぞれの動物と触れ合えるような工夫もされているようです。

餌のブロッコリーを手にして落ちつた表情のアカゲザル

鉱塩をなめるカピバラ。塩分やミネラルを補うためだそうです

鉱塩をなめるカピバラ。塩分やミネラルを補うためだそうです

頬を寄せ合うニホンジカの子供たち

頬を寄せ合うニホンジカの子供たち

鳴き声を上げる雄鶏。柵から逃げられるのに、柵の中が一番快適とわかっていて逃げないと、係員の方が説明してくれていました

鳴き声を上げる雄鶏。柵から逃げられるのに、柵の中が一番快適とわかっていて逃げないと、係員の方が説明してくれていました

幼げな感じの子供のペンギン

幼げな感じの子供のペンギン

ハムスターとの触れ合いコーナーも大人気

ハムスターとの触れ合いコーナーも大人気

動物を観察して絵を描くという、子供たちに向けたプログラムが行われていて、飼育員の人たちが子供たちに声をかけて指導をしてくれていました。

動物案内ガイドも盛況のようでした。

園内には昔懐かしいメリーゴーラウンドや列車や乗り物などを備えた遊園地もあり、親子連れでにぎわっていました。

参考 井の頭自然文化園 地図

サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、画像下の(Hana)のリンクより閲覧・入手していただけます。

42019731

(c)Hana画像素材 PIXTA –

Share

【今日の写真】河口湖ハーブフェスティバルの八木崎公園と大石公園

河口湖ハーブフェスティバルのサブ会場・大石公園のラベンダーと富士山・河口湖のコラボレーション

河口湖ハーブフェスティバルのサブ会場・大石公園のラベンダーと富士山・河口湖のコラボレーション

毎年恒例となった初夏の一大イベント地へ梅雨の晴れ間に

富士五湖の中でも最も観光開発されながら景勝地も多く、多くの観光客の訪れる河口湖。

この河口湖で毎年恒例となっているというのが6月中旬から7月初旬(中旬)にかけて行われる、河口湖ハーブフェスティバルです。

昨年、ラベンダーの花畑と河口湖、そして富士山のコラボした景観とフェスティバルがテレビで紹介されているのを見たのですが行かれなかったので、今年こそはと思っていました。

河口湖畔のラベンダー。ミツバチがせっせと蜜を集めている。ラベンダーの蜂蜜は香りがいいことでしょう。背後には頂上が雲におおわれた富士山が

河口湖畔のラベンダー。ミツバチがせっせと蜜を集めている。ラベンダーの蜂蜜は香りがいいことでしょう。背後には頂上が雲におおわれた富士山が

が、梅雨時でなかなか富士山が見えません。

ようやく梅雨の晴れ間があり、足を向けることができました。

富士山と河口湖とラベンダーのコラボが見られる、イベントのサブ会場・大石公園に到着したときには、ああなんと!富士山のてっぺんが雲に覆われています。

湖畔にいる人たちも、見事に咲いたラベンダーの風景や芳香を楽しみながらも、雲のかかった富士山には残念な様子。

大石公園のラベンダー。背景は頂上が雲におおわれた富士山

大石公園のラベンダー。背景は頂上が雲におおわれた富士山

時間が経過すれば雲が晴れる可能性もあり、対岸のメイン会場・八木崎公園に先に行ってみることにしました。

ラベンダーの芳香漂う広大な八木崎公園では青色のアジサイも季節感たっぷり

メイン会場の八木崎公園は、芝生広場のある広大な公園で、河口湖大橋や北側の山並みなどと湖の景観を楽しむことができます。

広々とした芝生広場のある八木崎公園からの風景

広々とした芝生広場のある八木崎公園からの風景

桜並木の近くには、たくさんの青色のアジサイが、梅雨時ならではの風情を醸し出しています。

ブルーのアジサイがさわやかな景観を作り出している八木崎公園の湖畔の風景

ブルーのアジサイがさわやかな景観を作り出している八木崎公園の湖畔の風景

湖畔に沿った広大なハーブガーデンの中央には白樺の木があり、芳香を満喫しながら、高原の雰囲気を味えます。

白樺の木もあり高原のような雰囲気で写真撮影にももってこい

白樺の木もあり高原のような雰囲気で写真撮影にももってこい

記念撮影にももってこい。

外国人観光客含め、多くの人が楽しく記念撮影をしていました。

プランターの花々もラベンダーとコラボした景観を成しています

プランターの花々もラベンダーとコラボした景観を成しています

河口湖ミューズ館では、子供たちが絵付けした風鈴が展示され、風にそよいで涼しい音色を奏でていました

河口湖ミューズ館では、子供たちが絵付けした風鈴が展示され、風にそよいで涼しい音色を奏でていました

芸術的な透明な風鈴も涼しげに

芸術的な透明な風鈴も涼しげに

富士山とラベンダーの絶景が楽しめる大石公園

メイン会場で撮影を終えて、もう一度サブ会場の大石公園へ。

果たして富士山のてっぺんの雲は晴れてくれるでしょうか?!

会場に到着して間もなく、期待に違わず、てっぺんの雲が晴れてきてくれたのです!

待った甲斐があり、てっぺんの雲が晴れた富士山。スカシユリと河口湖とのコラボもまたきれい

待った甲斐があり、てっぺんの雲が晴れた富士山。スカシユリと河口湖とのコラボもまたきれい

湖畔にいる人たちは待っていましたとばかり大喜びで、写真撮影に興じていました。

何にも増してのプレゼントでした。

ベゴニアのナイアガラの滝

ベゴニアのナイアガラの滝

参考

八木崎公園・地図

大石公園・地図

Share

【今日の写真】6月中旬、あじさい祭りの日野市・高幡不動尊

あじさい祭りの高幡不動尊・五重の塔とアジサイ。EF24-70mm f/4 IS USM・f22

あじさい祭りの高幡不動尊・五重の塔とアジサイ。EF24-70mm f/4 IS USM・f22

シャッター優先モード中心に手振れを回避して撮ってみる

今年も到来したアジサイの季節。

昨年は、都内有数のアジサイの名所・日野市高幡不動尊を訪れてアジサイを撮影したのですが、今年もよりアジサイの魅力を表現した写真を撮ってみたいと、6月中旬、足を向けてみました。

昨年は、EOS Kiss X7に入手して間もないEF24mm f/2.8 IS USMで撮影。

五重の塔とアジサイ。EF24-70mm f/4L IS ISM・シャッター優先・1/60秒

五重の塔とアジサイ。EF24-70mm f/4L IS ISM・シャッター優先・1/60秒

ボケの利いた写真を撮影したいと思い、意気込んでf2.8を多用したのですが、ピントが甘かったり手振れしていたりと、失敗が多くなってしまっていました。

それからさまざまな条件でいろいろな被写体を撮ってきましたが、絞り優先で絞り値を小さくすると、それだけ手振れがしやすいことがわかりました。

アジサイは日陰を好むこともあり、ISO感度を低めに設定してノイズを少なくしようとすると暗くなり、鮮明な画質が得られないという難点も。

意外に難しい被写体です。

撮影条件についていろいろネットで検索してみると、絞り優先モードは難しい、シャッター優先かマニュアルの方が容易という記載も。

いっそオートの方が鮮明に撮れたりするのかもしれませんが、それだとピント位置を決めることができません。

そこで今年は、シャッター優先を中心にして撮ってみることにしました。

24-70mm f/4L IS USM・EF100mm f2.8L Macro IS USMでアジサイのさまざまな表情を写す

カメラはEOS 6D MrakⅡで、レンズはワイドレンズの24-70mm f/4L IS USMとマクロのEF100mm f2.8L Macro IS USMの2本。

フルサイズに切り替えてから、当初この2本に望遠レンズを合わせた3本を持ち歩きましたが、撮影の後、重量がこたえて身動きができないほどになりました。

以降、ワイドに望遠、またはワイドにマクロの2本の組み合わせでロケ地に赴くことに。

弁天橋の周辺にもアジサイが

弁天橋の周辺にもアジサイが

雨に濡れたアジサイと弁天橋

雨に濡れたアジサイと弁天橋

6月中旬、あじさい祭りが始まって間もない週末の高幡不動尊は大変なにぎわいを見せていました。

日本人は、世代を超えて花を愛する心を備えているのだと改めて再認識。

ワイドとマクロを切り替えながら、雨に濡れたアジサイと梅雨の高幡不動尊のさまざまな表情を切り取ってみます。

シャッター優先・1/30秒

シャッター優先・1/30秒

シャッター優先・1/30秒

シャッター優先・1/30秒

アジサイを裏側から撮影。小さな玉ボケがたくさん映っています。シャッター優先・1/60秒・露出補正-0.667

アジサイを裏側から撮影。小さな玉ボケがたくさん映っています。シャッター優先・1/60秒・露出補正-0.667

大日堂とアジサイ

大日堂とアジサイ

シダとともにしっとりとした感じの参道脇のガクアジサイ

シダとともにしっとりとした感じの参道脇のガクアジサイ

ピンクのアジサイ。朱色の五重の塔を背景に

ピンクのアジサイ。朱色の五重の塔を背景に

フルサイズ機と2本のLレンズでシャッター優先モードで、暗さなどをそれなりにカバーした画像が得られたと思います。

光量が少ない条件下ではISO感度を上げることが必要

が、その後知ったことは、やはり、光量が限られた環境下でのアジサイ撮影は、ISO感度をある程度上げる必要があるということです。

一つ良い勉強になりました。

次回はまたより良い撮影をしたいと思います。

以下、ヤマアジサイ含め、何点かご紹介します。

目立つ色彩のガクアジサイ・ハワイアンストロベリー

目立つ色彩のガクアジサイ・ハワイアンストロベリー

濃い紫と八重のガクが特徴の「小町」

濃い紫と八重のガクが特徴の「小町」

ヤマアジサイ「くれない」

ヤマアジサイ「くれない」

ヤマアジサイ「益城八重」

ヤマアジサイ「益城八重」

参考 高幡不動尊 地図

Share

【今日の写真】6月上旬、さくらんぼ祭りの山梨県笛吹川フルーツ公園

笛吹川フルーツ公園のたわわに実ったサクランボの木々とシンボルの温室

笛吹川フルーツ公園のたわわに実ったサクランボの木々とシンボルの温室

あらゆる年代の人が楽しめるさまざまな施設のある広大な敷地の公園

山梨県山梨市の高台に位置する広大な敷地の笛吹川フルーツ公園は、山梨県が整備した公共整備区域と、山梨市フルーツパーク株式会社が運営管理を行う民間整備区域からなっている公園。

山梨県特産の果樹園の間に、果物をテーマにした施設・設備が立ち並ぶほか、子供の遊具広場もあり、フルーツパーク富士屋ホテル・山梨フルーツ温泉ぷくぷくや横溝正史資料館なども隣接していて、あらゆる年代の人が楽しめる施設となっています。

笛吹川フルーツ公園の施設案内。公式ホームページより

笛吹川フルーツ公園の施設案内。公式ホームページより

家族ぐるみでたわわに実るサクランボの摘み取り体験も

この笛吹川フルーツ公園で、サクランボ 祭りが行われるというので、サクランボの写真が撮れるだろうと、足を運んでみました。

園内の一角にサクランボの果樹園があり、たわわな実りぶりです!

びっしりと実をつけたサクランボ

びっしりと実をつけたサクランボ

アメリカンチェリーもあります

アメリカンチェリーもあります

ここで、サクランボの摘み取り体験が行われていて、申し込みをした家族連れなどが参加し、にぎやかなに摘み取りが行われていました。

親子連れ、家族ぐるみで楽しくサクランボの摘み取り体験が行われていました

親子連れ、家族ぐるみで楽しくサクランボの摘み取り体験が行われていました

フルーツ公園のシンボルのドーム近くにもサクランボが植えられていて、この時期ならではの風景を撮ることができました!

サクランボの木とくだもの工房

サクランボの木とくだもの工房

膨らんできたブドウ棚越しに見る甲府盆地の絶景

膨らんできたブドウ棚越しに見る甲府盆地の絶景

珍しいアーモンドの実も見られました

珍しいアーモンドの実も見られました

くだもの館内には初夏らしい寄せ植えの数々が

くだもの館内には初夏らしい寄せ植えの数々が

絶景の高台は夏景色となり、アクアアスレチックも大盛況

初めて訪れたときには冬で、人も少なかったのですが、良い季節になり、サクランボも実ってすっかりにぎやかに。

アクアアスレチックは子供たちで大にぎわい。

絶景のアクアアスレチックは大にぎわい

絶景のアクアアスレチックは大にぎわい

近くの芝生にはカラフルなテントが並び、キャンプ気分もいっぱいです。

果物工房前の広場も滝と池が夏を演出してくれていました。

定時に流れ落ちる滝が涼を誘います

定時に流れ落ちる滝が涼を誘います

これからモモも旬に向かい、新たなイベントが行われる模様です。

フルーツパーク富士屋ホテル

フルーツパーク富士屋ホテル

やまなしフルーツ温泉ぷくぷく

やまなしフルーツ温泉ぷくぷく

参考

笛吹川フルーツ公園・地図

サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、画像下の(Hana)のリンクより閲覧・入手していただけます。

42019663

(c)Hana画像素材 PIXTA –

 

Share