【今日の写真】江戸時代、開港にまつわる歴史を偲ぶ 国指定史跡・都立台場公園

レンボーブリッジの脇の緑の島は国指定史跡・都立台場公園

レンボーブリッジの脇の緑の島は国指定史跡・都立台場公園

レインボーブリッジを最も近くで見られる景観スポット

人気の観光スポット・お台場海浜公園の対岸、レインボーブリッジの脇に、こんもりと緑で覆われた島があります。

これは、国指定史跡・都立台場公園。

江戸幕府が黒船来襲に備え、1853年(嘉永6年)から1年3ヶ月の間に六基を完成させました。

現在は、1926年(大正15年)に国の史跡に指定された第三・第六台場だけが残されています。

松並木の土手から、周辺のお台場海浜公園などの高層ビルが見える

松並木の土手から、周辺のお台場海浜公園などの高層ビルが見える

都立台場公園は、この第三台場が昭和3年に東京都(市)によって整備されて一般に解放されたものです。

お台場海浜公園から地続きで行くことができ、レインボーブリッジを間近で見られるスポットでもあり、訪れてみました。

周辺が石垣に囲まれて、その上に松並木の土手があり、中央が低く、陣屋跡や弾薬庫跡などの史跡があります。

陣屋跡

陣屋跡

弾薬庫跡

弾薬庫跡

かまど場

かまど場

砲台跡は、入り口からぐるりと回った場所に。

台場が築かれたことで、品川沖まで来たペリー艦隊は横浜まで引き返してそこに上陸することになったそうです。

江戸の歴史に直に接することができ、当時の様子を彷彿させます。

レインボーブリッジと東京タワーを始めとする港区などの景観がより近くに見られ、対岸のお台場海浜公園や行き交う水上バスなども撮影できました。

レインボーブリッジと港区芝浦

レインボーブリッジと港区芝浦

お台場海浜公園と水上バス。背後には品川ふ頭が見える

お台場海浜公園と水上バス。背後には品川ふ頭が見える

春には桜の名所でもあるようで、機会があれば訪れてみたいと思います。

解放されていない第六台場は、レインボーブリッジを歩いて渡ると、その姿を見られるようです。

参考 都立台場公園 地図

サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、画像下のリンクより閲覧・入手していただけます。

Share