【今日の写真】もみじまつりの日野市高幡不動尊

雲ひとつない青空と紅葉の裏山を背景にした金剛寺高幡不動尊不動堂と五重塔

雲ひとつない青空と紅葉の裏山を背景にした金剛寺高幡不動尊不動堂と五重塔

境内を彩る1300本以上のイロハモミジやオオモミジ

年間を通じてさまざまな行事が行われている東京都日野市の金剛寺高幡不動尊ですが、11月は恒例の菊まつり、続いてもみじまつりが行われます。

酷暑や台風に見舞われた2018年、紅葉の進行具合はゆっくりとのことでしたが、11月下旬の高幡不動尊の紅葉はなかなか見応えのあるものでした。

五重塔と紅葉

五重塔と紅葉

大師堂周辺のモミジもひときわ鮮やか

大師堂周辺のモミジもひときわ鮮やか

五重塔などの建築物と1300本以上というイロハモミジやオオモミジの織り成す風景、また八十八ケ所巡りのできる裏山の風情も格別。

快晴に恵まれたこの日、裏山の展望台近くからは富士山も望むことができました。

萬燈会は「たかはたもみじ灯路」とともに開催

もみじまつりの期間中の22日〜23日、五重塔では萬燈会を開催。

萬燈会とは、御仏に七難即滅・七福即生と先祖の冥福を祈る行事だそうです。

五重塔に付けられた提灯とモミジなどのライトアップで、昼間とは違った雰囲気に。

両日、境内への参道では、キャンドルの灯をともしたもみじ灯路が行われ、大勢の人でにぎわっていました。

参考 金剛寺高幡不動尊 地図

サイトを訪問してくださり、ありがとうございます。以下画像素材ほか、画像下のリンクより閲覧・入手していただけます。

Share